株式会社伍魚福 代表取締役社長

地域・社会とのかかわりについて雑感2019.11.17(Sun)第9回神戸マラソン

20191117kobe_marathon01.jpg第9回神戸マラソン。
生涯2回目のフルマラソンですが、今回も何とか完走。
「何とか」という表現どおり、力を使い果たした感じです。
昨年よりも気温が高く、目標だった自己ベスト更新には約90秒及ばず。
「練習は不可能を可能にする」をモットーに準備してきましたが、まだ練習が足りないようです。
20191117kobe_marathon00.jpg
神戸マラソンは、2万人が走ります。
スムーズなスタートのため、9時スタートの第1ウェーブと9時15分スタートの第2ウェーブに分かれています。
目標タイムの早い順番にブロック分けされます。
私はFブロック、第1ウェーブの最後のスタートです。
9時の号砲から、スタートラインに達するまで約7分かかりました。
20191117kobe_marathon02.jpg今年は伍魚福のユニフォームに名前入りのゼッケンで走りました。
そのため沿道からは「山中さん頑張って!」とか、
「いつも食べてますよ!」との声も。
ランナーからも「この間の東遊園地での日本酒のイベントでお話ししましたね」と声をかけていただきました。
大変励みになるとともに暖かい気持ちになれました。
20191117kobe_marathon03.jpg
長田区、駒林神社付近では、「珍極」のパネルを作って応援いただいた友人も(感謝!)。
30kmを越えたあたりからは足がつりそうになりましたが、沿道の方からコールドスプレーをお借りしたり、給水所の水を脚にかけたりしてしのぎます。
神戸マラソン名物、37km地点からの浜手バイパスの坂も歩くことなく何とかクリア。
ボランティアの皆さんから「あと5km」、「あと4km」・・・と声をかけていただきますが、なかなか減りません。
力を振り絞って腕を振り、何とかゴールすることができました。
昨年も感心しましたが、スタート地点で預けた荷物は神戸国際展示場に整然と並べられ、受け渡しもとてもスムーズです。
20191117kobe_marathon04.jpg帰りのポートライナーから神戸大橋を見るとまだたくさんの方が走っておられました。
思わず列車から手を振って応援(笑)。
応援いただいた全ての皆さま、運営に関わっていただいた関係者、ボランティアの皆さまに改めてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!