地域・社会とのかかわりについて

2018年6月 9日

「BAR伍魚福」1日限定オープン

20180609bar_gogyofuku01.jpg本日は1日限定のイベント「BAR伍魚福」が開催されました。

長田のおもしろい人を取材、ウェブで紹介する活動をされている「NAGATA folio 取材チーム」の皆さんと私、4名での主催です。

場所は本社前にある伍魚福商品科学研究所。
20180609bar_gogyofuku05.JPG
本年3月に改装し、1階がお客様向けのプレゼン・試食コーナー、2階が商品の撮影用キッチンスタジオとなっています。

先日取材いただいた際に、伍魚福の商品でバーをやってみよう、という話になり、今回の開催となりました。
伍魚福の会社としてのイベントではなく、個人的なFacebookの「イベント」として告知したのですが、前日までに50名もの参加表明をいただきました。

参加表明されていない方を含め、70名程度の来客を見込んで準備。
20180609bar_gogyofuku03.JPG
伍魚福商品をアレンジした料理7品を提供します。

取材チームのお一人が料理を趣味にされているそうで、アレンジレシピの考案から、試作、材料の仕込みから当日の調理までを担当していただきました。

15時のオープンの少し前に一人目のお客様が来られました。
ゆっくり目のスタートを想定していたので焦ります・・・。
20180609bar_gogyofuku13.JPG
「ピリ辛さきいか天の薬味盛り」ほか伍魚福商品のアレンジ料理が6品。
お客様には四角い紙皿で提供します。

お酒は、ビール・チューハイ・ワイン・日本酒・ウーロン茶・オレンジジュース。
特設販売コーナーでは、一杯の珍極シリーズ、ピリ辛さきいか天などのドライ珍味、一夜干焼いかやクリームチーズ生ハム包みなどのチルド珍味も提供。

カウンターで注文と支払いをしていただきます。
20180609bar_gogyofuku04.JPG
15時過ぎには満席になり、2階の部屋も使うことに。
友人・知人もたくさん来てくれました。
数年ぶりでお会いする方も。
Facebookで知り合いから聞いたという一般の方も多数。

どこでこのイベントを知ったのか、伍魚福のどの商品が好きか、というような話であちこち盛り上がっていました。
伍魚福ファンの方どうしの交流にもなったようです。
20180609bar_gogyofuku07.JPG
閉店の21時前までほぼ満席の状態が続き、スタッフはてんてこ舞い。

正確に人数をカウントする余裕がなかったのですが、100名以上の方にご来店いただいたようです。
「楽しかった」、「美味しかった」という声もたくさんいただきました。
いつも思うのですが伍魚福商品のファンの方は食に対する好奇心が旺盛な方ばかりです。
伍魚福の創業の話、デザインの話、販売チャネルと顧客層などマーケティングの話も。
20180609bar_gogyofuku21.jpg
私も楽しい時間を過ごすことができました。
またやってほしい、という声もたくさん。
少し悩んでみます(笑)。

陳列をしてくれたチーム伍魚福メンバー、企画・運営をしていただいたNAGATA folio 取材チームの皆さん、来店いただいた全ての皆さんに感謝です。

ありがとうございました!


投稿者 山中 勧 : 23:59

地域・社会とのかかわりについて一覧に戻る


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のエントリー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE



▲ページトップへ