経営について

2015年1月 9日

2015年1月度全体会議「マトリックス組織」、商品プレゼン

20150109soshikizu.jpg本日は全体会議です。
1月5日の年頭訓示で説明した2015年度の組織の詳細を発表しました。
この図のようにタテヨコに組み合わさった組織図です。一般的には「マトリックス組織」と呼ばれています。
TEAM GOGYOFUKUメンバー全員が「お客様繁盛係」(営業)です。
お客様の業態(チャネル)・エリア別に担当を分け、全員がどこかのタテの繁盛係チームに所属します。全員がお客様のことを第一に考え、「お客様へ提供する価値」を高めていくための組織です。
ヨコは従来の機能別組織です。
20130326spiral.jpg全員がひとつのチームとして、お客様に喜んでいただくために知恵を出し合い、実行していく。
さらに従来どおりの各組織での役割をそれぞれのポジションで担います。
その結果として「お客様にとっておもしろい会社」となることを目指します。
「伍魚福エンターテイニングスパイラル」をスパイラルアップさせ、一人ひとりの豊かで充実した人生につながるようにしたいと考えています。

12月度のTEAM GOGYOFUKU月間MVPの表彰も行いました。

「ありがとうカード・接遇部門」
MVP:
お客様サービス部顧客対応グループ 平田奈緒リーダー
推薦コメント:【ありがとうカード】
消費者通販の繁忙期に送り状のセットを手伝っていただきまして。。。本当に助かりました!ありがとうございます!いつでも待ってますので。。。ヨロシク(笑)
腰が痛いとき気づかってもらいありがとうございました。
消費者通販のセットのお手伝い本当に。。。ありがとうございました!今年最後のお願いだと思います!来年もヨロシクお願い致します(笑)
○○社EDI化に向けて、色々教えていただき、有難うございました。先方ともスムーズに話をすることができ、とても助かりました。
不在時のWEB対応等助けていただき、ありがとうございます。(^v^)
いつもいろいろとありがとうございます。
請求書発送で、○○社の金額照合をお手伝いいただき。。。ありがとうございます!数値の照合も2ヶ月目でしたので随分、慣れたと思います!次月も宜しく(笑)
忙しい時に、他Gに人を出してくれてありがとうございます。
宅配のセットを手伝って頂いてありがとうございます。本当に助かり、ていじで帰れそうです!

「TG提報部門」
MVP:
顧客対応チーム 佐川啓子さん

おめでとうございます&ありがとうございました!
20150109shohin01.JPGその後、商品プレゼンです。
昨年末に新調した「伍魚福ジャンバー」です。
今回もモンベルさんのものを採用しました。
色はモンベルさんの品揃えの中から私が選びました。
新年ということで、新しいものを全員が着用していますが、従来の青(男性)、紫(女性)のジャンバーも併用しますので、4色あってにぎやかな見た目になる予定です。
20150109shohin02.JPGこちらは近日発売予定の「神戸ナッツキャラメリゼプレミアム」(6個入)です。
ポートタワーをイメージした箱のデザインがなかなかいい感じです(自画自賛)。

お客様に評価いただくのが楽しみです。
20150109shohin03.JPGプレゼン終了後、「研究所」に移動して商品研究会。
繁盛係のメンバーが各地で購入してきた商品を説明し、試食、評価を行います。
地域の食文化を反映した商品や、珍しい素材の商品など。
商品開発の参考にするとともに、一人ひとりの商品選択眼を養うのにも役立てたいということで昨年からスタートした研究会です。
今後も充実させていきたいです。

午前中の予定はこれで修了。盛りだくさんな一日はまだまだ続きます。


投稿者 山中 勧 : 13:09

経営について一覧に戻る


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のエントリー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE



▲ページトップへ