経営について

2010年10月18日

SIAL視察(パリにて)

20101017sial01.JPG16日に日本を出発し、アムステルダム経由でパリに来ています。こちらは、もう冬の気候です。

2年おきに開催されるSIALという食品の展示会。会長、輸入実務を代行いただいている会社の方と3名です。

ホテルのあるサンラザール駅から、電車を乗り継いで1時間弱。巨大なエキスポ会場の全てを使っての展示会です。
20101018sial02.JPG旧ロシアの方に聞いたことがある豚の背脂の生ハムです。
脂だけの部分なので、日本人には抵抗があると思いますが、サンドイッチにすると美味しいそうです。考えれば、バターも牛乳の脂肪分ですから、同じようなものかもしれません。
食文化の違いを痛感します。
日本のコーナーでは、お世話になっている食品問屋さんの部長とバッタリ。驚きました。

フランスで開催の展示会だけあり、フランスのコーナーでは、地元の加工食品メーカーが多数出展しています。家庭料理の瓶詰などがたくさんあるのですが、缶詰・レトルトは少ない印象です。この辺も各国の文化なのかもしれません。

2日間、展示会を視察した後、パリ市内の食品店等を視察して帰国の予定です。


投稿者 山中 勧 : 15:31

経営について一覧に戻る


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のエントリー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE



▲ページトップへ