HOME

スタッフ世間話

2019年4月12日

太陽の塔に行ってきました

こんにちは。
商品開発チーム 松浦です。


先日、昨年48年ぶりに内部公開された太陽の塔に行ってきました。

松浦 1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あいにくの雨...、のため、写真もちょっと暗めです。

太陽の塔は高さ70メートル、腕の長さは25メートル。

お腹の「太陽の顔」は、現在を、
てっぺんの「黄金の顔」は、未来を、
背中の「黒い太陽」は、過去を、
表しているそうです。


受付からの通路は、地底の太陽ゾーンで復元された「地底の太陽」と、
当時集められた世界各地のお面が並び、
それらとプロジェクションマッピングとが組み合わさって、
内部への期待を高められます。


そして生命の樹ゾーン。

松浦 2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

地下から天空へと伸びるイメージで樹がそびえ立っています。
高さは41メートル!
圧倒的な迫力に目を奪われます。


アメーバなどの単細胞生物からクロマニヨン人までの生物の進化の過程を表していて、
33種類の生き物が樹の上にいたり、ぶら下がったりしています。

当時は約290体だったそうですが、今は約180体。
それでも全く少ないとは感じないので、
当時のひしめき合っていたであろう様子を見たくなります。


生命の樹の周りが螺旋階段になっていて、
各時代ごとに止まって、ガイドの方から説明を聞きます。

松浦 3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

  

樹の幹や枝部分は復元ではなく、当時のままだそうで、
樹に乗っていた生き物を全ておろして、色を塗り直したそうです。

生き物も修繕はされたそうですが、
一番大きい恐竜や頭の壊れたゴリラは、
当時を感じさせるため、あえて修復や修理がされておらず、
そのことがかえって当時の技術のすごさを感じさせます。


当時、太陽の塔の右腕内にはエスカレーターが設置され、左腕内は非常階段で、
太陽の塔の周りにあった大きな屋根につながっていたそうです。

中で見ることのできる鉄骨は当時のままで、
1970年大阪万博のシンボルの桜のマークがありました。

今は登ることはできませんが、照明の効果もあり、
近未来的な、幻想的な雰囲気です。


圧倒的なエネルギーを感じることができ、
ぜひ、実際に見られることをオススメします!

松浦 4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 
【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

のり天スパイシーWペッパー」です。
国産のりの片面にころもをつけて揚げた、かるい食感のひとくちサイズの天ぷらです。
粗挽きと細挽きの3種類のブラックペッパーを使用しているので
味と香りがとてもよく、ビールが進む美味しさです!


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:09 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2019年1月25日

すばらしく美味しいものを求めて

大変お久しぶりです。
サービス本部の酔子こと、栄です。


伍魚福の経営理念に
「1.すばらしくおいしいものを造り、お客様に喜ばれる商いをする。」とあります。

伍魚福の商品はどれもすばらしくおいしいものばかりです。

私自身もすばらしく美味しいものをたくさん食べて研究をしないと...
と〝都合よく〟自分に言い聞かせて(笑)。

年末に一年頑張って働いた自分へのご褒美として、
すばらしく美味しいものを求めて、新長田の和食のお店に行ってきました!


まずは前菜(煮凝り、おから、野菜の煮物、きゅうりの酢の物)で乾杯♪

栄 1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お薦めのハゲの薄造りと肝、
串カツ、焼き銀杏、白子ポン酢...

他にもいろいろと注文しましたが、どれも写メを取るのを忘れて...
飲んでは食べ、食べては笑い、笑っては飲んでの繰り返しで...

栄 2.JPG

 

 

 

 

 

 

そして。
めちゃ贅沢に、河豚の白子を焼いていただきました。
4個出てきましたが、一斉に箸が伸び、写メを取る前に1個しか残りませんでした(笑)

栄 3.JPG

 

 

 

 

 

 

とにかく。
素晴らしく美味しいものを求めて、今後も私の研究はつづきます((´∀`*))ケラケラ。


ちなみに。
今はまっているもの。
「どうぶつの森」に癒されています♪♪♪

栄 4.PNG

 

 

 

 

 

 

【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

なんといっても「一杯の珍極)揚げ塩ぎんなん」です。
焼き銀杏が好きなのですが、食感は違えど、あの苦みが再現できている優れものです!
ビールにも焼酎にも合う、一度食べたらやみつきになる美味しさです!


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年12月28日

ナマステ

みなさん、こんにちは。
お客様繁盛推進本部の山下です。

2018年ももうすぐ終いですね。
阪神店では年明け1月2日から福袋の初売り、お待ちしていますよ。

さて、『モノづくりの原点に立ち返る』という大義名分の下、
スタッフブログのたびに何かを作ってきた山下です。
今回はインドカレーを作りたいと思います。

先日、お仕事で朝岡スパイスさんとご一緒させていただいた際に、
以前から気になっていた「手作りカレー粉セット」についてお聞きすると、
「あれ、めっちゃいいですよ」と聞いたもんで、早速チャレンジしていきます!

 

山下さん 1.JPG

 

 

 

 

 

 

これが噂の「手作りカレー粉セット」。圧巻のスパイス20種類!
まずはカレー粉作りから。

 


山下さん 2.JPG

 

 

 

 

  

 

説明書に沿ってスパイスを混ぜ合わせて、カレー粉を作ります。
これで約90~100皿分のカレーが作れるとか...。
悪魔的コスパのよさ...!

 


山下さん 3.JPG

 

 

 

 

 

 

それでは料理に移り、まずはタマネギとトマトを炒めます。
焦がさないように気をつけて!

 


山下さん 4.JPG

 

 

 

 

 

 

いい感じになったら、ヨーグルトを放り込みます。

 


山下さん 5.JPG

 

 

 

 

 

 

ここに先ほどのカレー粉と鶏肉を放り込みます。

 


山下さん 6.JPG

 

 

 

 

 

  

水を入れて、しばらく煮込んで完成!
仕上げにガラムマサラを適量入れると味がしまります。

 


山下さん 7.JPG

 

 

 

 

 

  

仕込んでいたサラダ、タンドリーチキン、ナンと合わせて「自家製インド定食」の完成です!


スパイスから作るカレーは、難しいイメージがあるかもしれませんが、
このスパイスさえあれば怖いもんなしですな。

お酒と伍魚福のおつまみもお忘れなくっ!


カレー自体の作り方は山下の完全オリジナルですので、もっといい方法をご存知の方は教えて下さい!

この次もサービス、サービス♪


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

阪神店でも人気!
国産牛肉を使用した「国産牛肉ジャーキー」です。
北海道産モモ肉を使用、薄切りなので柔らかいです。
味付けもお上品な醤油ベースですので、自宅用だけでなく手土産でも人気です。


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:42 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年11月30日

「牛肉の生ハム」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

食欲の秋、進行中です。
おいしいもの、ゆっくり味わいたいですね。

一切れで、とても満足感のあるおつまみをご紹介します。
11月に発売した「牛肉の生ハム」です。

赤身と霜降りのバランスがいいアメリカ産プレミアムアンガスビーフ。
このもも肉を塩漬、冷燻した後、低温で2日間熟成し、生ハムに仕上げました。

P1110727.JPG

 

 

 

 

 

 

もっちりとしたやわらかな肉質で、独特の舌触りと歯応えです。
口に入れると、赤身肉の旨みがじわ~っと広がります。
マイルドな塩味が、肉のおいしさをひきたてます。

同ビーフは品質に4ランクあります。
上から「プライム」「チョイス」「セレクト」「スタンダード」
この商品には「チョイス」以上のグレードのものを使っています。


ちなみに、かけているのはオリーブオイルです。
ワインとともにじっくり、ゆっくり味わっていただきたい一品です。

【2018年11月発売】牛肉の生ハム.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 10:56 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年11月24日

対面する。

こんにちは!
通販担当の田中(36歳)です。

今更ではありますが(笑)
私の「通販担当」という肩書きは、「消費者通販担当」を略したものです。

伍魚福のお取引の多くを占める小売店様、卸業者様とのお取引とは異なり、
私は消費者(エンドユーザー)のお客様とやり取りさせていただくことががほとんどです。

ただ、それも電話やFAX、WEBを通じたものです。
でも、年に数回ですが直接お客様と対面して販売する催事に出かけることがあります。

今回ご紹介するのは、ここ1ヵ月くらいの間のイベントのお話しです。


まず、10月ですが、神戸は西区にある神戸ワイナリーさんでのイベントでの
販売でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


例年、5月のゴールデンウィークと10月の新酒イベントに参加しています。

 

 

 

 

 

181123_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出店は私が通販担当になってからなので、いったいいつからなのかを遡ってみると
一番古い資料だと、2010年の時点では、出店していた模様です。


例年参加しているので、

「楽しみに、待っていた!」

「いっつも、来てるで。」

なんて、嬉しいお声をいただくことも。

 

続いては大阪は南港で開催されたイベントです。
こちらは、招待券がないと入場できないクローズドイベントです。

参加は2015年から。

 

181123_3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月と11月のイベントにこれまで参加しております。
同じく、顔なじみのお客様が出来、

「また、来たよ。」

「伍魚福の名前が招待状にあったから、最初に来たで!」


なんて、有難いお声を掛けていただきました。

 

最後は販売会ではありませんが、一般のお客様に当社のおつまみをご紹介する
イベントです。

神戸市の外郭団体 公益財団法人 神戸市産業振興財団が「神戸らしい、お洒落な商品」を
選定する事業、「神戸セレクション」の最終審査会が11月のつい先日、ありました。

 

181123_5.jpg

 

 

 

 

  

 

 

 

181123_6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

181123_7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の申請商品は空港・駅・サービスエリア等のお土産物店と直販限定で販売している
「神戸ナッツキャラメリゼプレミアムコーヒー豆入り」です。

申請はこのブログの管理人でもあり、当社で最も「髭のボリュームの多い」広報担当 佐久間氏が
対応され、私は試食も兼ねた審査員への商品紹介のお手伝いとしての参加でした。


「コーヒーのホロ苦さがいい。」

「ナッツがいっぱいでおいしい!」

と反響をいただきました。


...気になる審査の結果ですが、認定をいただきました!!

「神戸のお土産」として、これまで以上にお客様に知っていただけるように

しっかりとご紹介していきます。


という風に、お客様と直接お会いする機会がちょいちょいあります。

私は大抵、伍魚福の社名の入ったオレンジ色のジャンバーを着ております。

特徴は、はちきれんほどの、"パッツンパッツン"具合です。

 

こちらを見かけた際は、どうぞお気軽にお声掛けくださいませ。


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

今回「神戸セレクション」の認定をいただいた「神戸ナッツキャラメリゼ
プレミアムコーヒー豆入り」
です。

ナッツのおいしさはもちろん、「コーヒー豆を食べる」のが面白く、

おいしくて気に入っております。

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 05:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係よりスタッフ世間話

2018年11月16日

「カカオココナッツ&バナナ」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

あちこちから紅葉の便りが届き始めました。
いよいよ秋本番です。
これから日に日に山が装いを変えていくのが楽しみです。


今日ご紹介するのは、11月に発売した新商品「カカオココナッツ&バナナ」です。

ほろ苦い甘さのカカオココナッツ。
ココナッツオイルで揚げた、控えめな甘さのバナナチップ。
この2つをバランスよく組み合わせました。

カカオココナッツは、カリッと揚げたココナッツに、
カカオパウダーとカカオニブを絡めています。

 

アイスクリーム .jpg

 

 

 

 

 

 

おいしさの秘密は、このカカオニブにあります。
パウダーと違い、噛んだときに、すこし"粒感"があります。
これがカカオの風味とともに、苦味を感じさせます。

カカオとバナナ-このありそうでなかった組み合わせを味わってください。
カリカリ食感も楽しいです。

 

シリアル .jpg

 

 

 

 

 

ヨーグルト .jpg

 

 

 

 

 

 

シリアルやヨーグルトとの組み合わせなど、いろいろな食べ方ができます。
おいしい食べ方、見つけてください。

 

カカオココナッツ&バナナ .jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:25 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年11月 9日

牛肉

こんにちは。佐藤です。

最近、ハマっていることは、牛肉のいろいろな食べ方です。

以前は普通に焼くだけでしたが、最近流行りのローストビーフを自分で作れるようになりました。


火加減が難しく、最初は思った物と違う出来上がりでしたが、
グラム数と肉の形を計算できるようになってくると、
焼き部分と生っぽい部分を調整できるようになりました。

店で食べるよりも、安くて量もたくさんできるので、なんだか楽しい感じです。


ちなみに、最近ハマっているお店の「ローストビーフと焼肉丼」の写真を掲載しておきます。

佐藤 1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ローストビーフは個人的には米に合わないと感じているのですが、
この店のローストビーフは、結構米に合います。

 

【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

話の流れから想像できるかと思いますが、「やわらかローストビーフ」がお気に入りです。
やはりプロが作った商品ですので、素人とはレベルが違う美味しさです。
ぜひ一度お試し下さい。


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年10月19日

「麻辣とうがらし&柿ピー」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

最近、スパイス「花椒」が人気です。
しびれるような辛さが特徴で、中華料理には欠かせないものですが、
その独特の風味は、スナック菓子の味付けにも使われ出しています。

時代は「辛さ」を求めているのでしょうか...。


というわけで...、ということでもないのですが、
麻辣とうがらし&柿ピー」を9月に発売しました。
揚げ唐辛子、唐辛子味の柿の種、麻辣ピーナッツの3つをミックスしました。

  麻辣とうがらし&柿ピー .JPG

 

 

 

 

 

 

色からして、かなり辛そうと思うのですが、これが意外に...。
もちろん、かなりピリッときますが、口の中が火になるほどではありません。
ご安心ください。

ちなみに、この商品のピリッとくるのは、花椒ではなくて山椒です。


〝おいしい辛さ〟があります。
唐辛子を揚げるとこんなふうになるのか...、という意外な発見もありました。
一度味わってみてください。

(9月)麻辣とうがらし&柿ピー .jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 13:57 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年10月 5日

「レモン風味のとんタンスライス」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

また、今週末も台風の心配をしなければなりません。
次から次に...と、こんな年も珍しいですね。

しかも、台風が去ったら暑さがぶりかえす始末です。
さわやかな秋晴れは、いつになったら仰げるのでしょう。


せめておつまみはさわやかにいきましょう。
ということで、ご紹介するのが、
レモンの風味がさわやかな「レモン風味のとんタンスライス」です。
9月に発売した新商品です。

レモン風味のとんタンスライス .JPG

 

 

 

 

 

 

 

とんタンをスモークし、レモン風味に仕上げました。
とんタン独特のコリコリ食感が、レモンの香りで一層軽やかに感じます。
レモン、塩気とも抑え気味で、飽きないおいしさです。


大判ですが、ちょっと無理して一口で食べてみてください。
食べ応えに満足する一品です。

レモンの風味がビールの味もさわやかにします。

【2018年9月発売】レモン風味のとんタンスライス.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年9月28日

「シビレる...」が旨い!!

今年の3月に商品開発本部から異動し、お客様繁盛係(営業)の専任になった大橋です。

商品開発本部の時よりも出張が増え、いろいろなお店を訪問したり、
お世話になっているお得意先の皆さんにお会いすることが本当に楽しいのですが、
もう一つ、楽しみにしているのが食事です。

出張先では、できるだけその土地ならではの食べ物をいただくようにしています。

 

大橋 1.jpg

 

 

 

 

 


宮崎県延岡市。チキン南蛮発祥のお店といわれる「直ちゃん」のチキン南蛮。
タルタルがかかっていないので、最後まであっさりいただけます。

 

大橋 2.jpg

 

 

 

 

 

 


岡山県の名物「えびめし」。
見た目は真っ黒で驚きますが、
ソース文化で育った関西人にとっては、絶対にハマる味です。


最近で、とても美味しいと思ったのが、
広島で名物になりつつある「汁無し担々麺」です。

広島駅の駅ナカ施設「ekie」の中にあるお店、
「くにまつ+武蔵坊」でいただきました。

「くにまつ」と「武蔵坊」。
それぞれ汁無し担々麺の名店同士がコラボしてできたお店だそうです。

 

大橋 3.jpg

 

 

 

 

 


運ばれてきた時は、けっこう汁っ気があります。
それを汁がなくなる程度に箸で混ぜて、汁を絡めていきます。

 

大橋 4.jpg

 

 

 

 


 

 

辣油、花椒、酢を足して、自分好みの辛さと味に仕上げます。


美味しさには、塩味、甘味、酸味、旨味、辛味などいろいろありますが、
花椒特有の「シビレ」もクセになる美味しさですよね!

今後も、各地の名物を食べていきたいので、
隠れた名物等をご存知の方は、ぜひ教えて下さい!


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

麻辣とうがらし&柿ピー」です。
こちらは花椒ではなく、山椒を使用しているのですが、
適度な「シビレ」と「辛さ」がクセになります。
辛い物が苦手な人でも、辛さに勝る旨さで気に入っていただけると思います。


投稿者 伍魚福スタッフ : 10:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話


2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE

スタッフ世間話 RSS

RSS 1.0