HOME

スタッフ世間話

2018年11月30日

「牛肉の生ハム」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

食欲の秋、進行中です。
おいしいもの、ゆっくり味わいたいですね。

一切れで、とても満足感のあるおつまみをご紹介します。
11月に発売した「牛肉の生ハム」です。

赤身と霜降りのバランスがいいアメリカ産プレミアムアンガスビーフ。
このもも肉を塩漬、冷燻した後、低温で2日間熟成し、生ハムに仕上げました。

P1110727.JPG

 

 

 

 

 

 

もっちりとしたやわらかな肉質で、独特の舌触りと歯応えです。
口に入れると、赤身肉の旨みがじわ~っと広がります。
マイルドな塩味が、肉のおいしさをひきたてます。

同ビーフは品質に4ランクあります。
上から「プライム」「チョイス」「セレクト」「スタンダード」
この商品には「チョイス」以上のグレードのものを使っています。


ちなみに、かけているのはオリーブオイルです。
ワインとともにじっくり、ゆっくり味わっていただきたい一品です。

【2018年11月発売】牛肉の生ハム.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 10:56 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年11月24日

対面する。

こんにちは!
通販担当の田中(36歳)です。

今更ではありますが(笑)
私の「通販担当」という肩書きは、「消費者通販担当」を略したものです。

伍魚福のお取引の多くを占める小売店様、卸業者様とのお取引とは異なり、
私は消費者(エンドユーザー)のお客様とやり取りさせていただくことががほとんどです。

ただ、それも電話やFAX、WEBを通じたものです。
でも、年に数回ですが直接お客様と対面して販売する催事に出かけることがあります。

今回ご紹介するのは、ここ1ヵ月くらいの間のイベントのお話しです。


まず、10月ですが、神戸は西区にある神戸ワイナリーさんでのイベントでの
販売でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


例年、5月のゴールデンウィークと10月の新酒イベントに参加しています。

 

 

 

 

 

181123_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出店は私が通販担当になってからなので、いったいいつからなのかを遡ってみると
一番古い資料だと、2010年の時点では、出店していた模様です。


例年参加しているので、

「楽しみに、待っていた!」

「いっつも、来てるで。」

なんて、嬉しいお声をいただくことも。

 

続いては大阪は南港で開催されたイベントです。
こちらは、招待券がないと入場できないクローズドイベントです。

参加は2015年から。

 

181123_3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月と11月のイベントにこれまで参加しております。
同じく、顔なじみのお客様が出来、

「また、来たよ。」

「伍魚福の名前が招待状にあったから、最初に来たで!」


なんて、有難いお声を掛けていただきました。

 

最後は販売会ではありませんが、一般のお客様に当社のおつまみをご紹介する
イベントです。

神戸市の外郭団体 公益財団法人 神戸市産業振興財団が「神戸らしい、お洒落な商品」を
選定する事業、「神戸セレクション」の最終審査会が11月のつい先日、ありました。

 

181123_5.jpg

 

 

 

 

  

 

 

 

181123_6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

181123_7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の申請商品は空港・駅・サービスエリア等のお土産物店と直販限定で販売している
「神戸ナッツキャラメリゼプレミアムコーヒー豆入り」です。

申請はこのブログの管理人でもあり、当社で最も「髭のボリュームの多い」広報担当 佐久間氏が
対応され、私は試食も兼ねた審査員への商品紹介のお手伝いとしての参加でした。


「コーヒーのホロ苦さがいい。」

「ナッツがいっぱいでおいしい!」

と反響をいただきました。


...気になる審査の結果ですが、認定をいただきました!!

「神戸のお土産」として、これまで以上にお客様に知っていただけるように

しっかりとご紹介していきます。


という風に、お客様と直接お会いする機会がちょいちょいあります。

私は大抵、伍魚福の社名の入ったオレンジ色のジャンバーを着ております。

特徴は、はちきれんほどの、"パッツンパッツン"具合です。

 

こちらを見かけた際は、どうぞお気軽にお声掛けくださいませ。


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

今回「神戸セレクション」の認定をいただいた「神戸ナッツキャラメリゼ
プレミアムコーヒー豆入り」
です。

ナッツのおいしさはもちろん、「コーヒー豆を食べる」のが面白く、

おいしくて気に入っております。

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 05:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係よりスタッフ世間話

2018年11月16日

「カカオココナッツ&バナナ」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

あちこちから紅葉の便りが届き始めました。
いよいよ秋本番です。
これから日に日に山が装いを変えていくのが楽しみです。


今日ご紹介するのは、11月に発売した新商品「カカオココナッツ&バナナ」です。

ほろ苦い甘さのカカオココナッツ。
ココナッツオイルで揚げた、控えめな甘さのバナナチップ。
この2つをバランスよく組み合わせました。

カカオココナッツは、カリッと揚げたココナッツに、
カカオパウダーとカカオニブを絡めています。

 

アイスクリーム .jpg

 

 

 

 

 

 

おいしさの秘密は、このカカオニブにあります。
パウダーと違い、噛んだときに、すこし"粒感"があります。
これがカカオの風味とともに、苦味を感じさせます。

カカオとバナナ-このありそうでなかった組み合わせを味わってください。
カリカリ食感も楽しいです。

 

シリアル .jpg

 

 

 

 

 

ヨーグルト .jpg

 

 

 

 

 

 

シリアルやヨーグルトとの組み合わせなど、いろいろな食べ方ができます。
おいしい食べ方、見つけてください。

 

カカオココナッツ&バナナ .jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:25 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年11月 9日

牛肉

こんにちは。佐藤です。

最近、ハマっていることは、牛肉のいろいろな食べ方です。

以前は普通に焼くだけでしたが、最近流行りのローストビーフを自分で作れるようになりました。


火加減が難しく、最初は思った物と違う出来上がりでしたが、
グラム数と肉の形を計算できるようになってくると、
焼き部分と生っぽい部分を調整できるようになりました。

店で食べるよりも、安くて量もたくさんできるので、なんだか楽しい感じです。


ちなみに、最近ハマっているお店の「ローストビーフと焼肉丼」の写真を掲載しておきます。

佐藤 1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ローストビーフは個人的には米に合わないと感じているのですが、
この店のローストビーフは、結構米に合います。

 

【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

話の流れから想像できるかと思いますが、「やわらかローストビーフ」がお気に入りです。
やはりプロが作った商品ですので、素人とはレベルが違う美味しさです。
ぜひ一度お試し下さい。


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年10月19日

「麻辣とうがらし&柿ピー」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

最近、スパイス「花椒」が人気です。
しびれるような辛さが特徴で、中華料理には欠かせないものですが、
その独特の風味は、スナック菓子の味付けにも使われ出しています。

時代は「辛さ」を求めているのでしょうか...。


というわけで...、ということでもないのですが、
麻辣とうがらし&柿ピー」を9月に発売しました。
揚げ唐辛子、唐辛子味の柿の種、麻辣ピーナッツの3つをミックスしました。

  麻辣とうがらし&柿ピー .JPG

 

 

 

 

 

 

色からして、かなり辛そうと思うのですが、これが意外に...。
もちろん、かなりピリッときますが、口の中が火になるほどではありません。
ご安心ください。

ちなみに、この商品のピリッとくるのは、花椒ではなくて山椒です。


〝おいしい辛さ〟があります。
唐辛子を揚げるとこんなふうになるのか...、という意外な発見もありました。
一度味わってみてください。

(9月)麻辣とうがらし&柿ピー .jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 13:57 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年10月 5日

「レモン風味のとんタンスライス」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

また、今週末も台風の心配をしなければなりません。
次から次に...と、こんな年も珍しいですね。

しかも、台風が去ったら暑さがぶりかえす始末です。
さわやかな秋晴れは、いつになったら仰げるのでしょう。


せめておつまみはさわやかにいきましょう。
ということで、ご紹介するのが、
レモンの風味がさわやかな「レモン風味のとんタンスライス」です。
9月に発売した新商品です。

レモン風味のとんタンスライス .JPG

 

 

 

 

 

 

 

とんタンをスモークし、レモン風味に仕上げました。
とんタン独特のコリコリ食感が、レモンの香りで一層軽やかに感じます。
レモン、塩気とも抑え気味で、飽きないおいしさです。


大判ですが、ちょっと無理して一口で食べてみてください。
食べ応えに満足する一品です。

レモンの風味がビールの味もさわやかにします。

【2018年9月発売】レモン風味のとんタンスライス.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年9月28日

「シビレる...」が旨い!!

今年の3月に商品開発本部から異動し、お客様繁盛係(営業)の専任になった大橋です。

商品開発本部の時よりも出張が増え、いろいろなお店を訪問したり、
お世話になっているお得意先の皆さんにお会いすることが本当に楽しいのですが、
もう一つ、楽しみにしているのが食事です。

出張先では、できるだけその土地ならではの食べ物をいただくようにしています。

 

大橋 1.jpg

 

 

 

 

 


宮崎県延岡市。チキン南蛮発祥のお店といわれる「直ちゃん」のチキン南蛮。
タルタルがかかっていないので、最後まであっさりいただけます。

 

大橋 2.jpg

 

 

 

 

 

 


岡山県の名物「えびめし」。
見た目は真っ黒で驚きますが、
ソース文化で育った関西人にとっては、絶対にハマる味です。


最近で、とても美味しいと思ったのが、
広島で名物になりつつある「汁無し担々麺」です。

広島駅の駅ナカ施設「ekie」の中にあるお店、
「くにまつ+武蔵坊」でいただきました。

「くにまつ」と「武蔵坊」。
それぞれ汁無し担々麺の名店同士がコラボしてできたお店だそうです。

 

大橋 3.jpg

 

 

 

 

 


運ばれてきた時は、けっこう汁っ気があります。
それを汁がなくなる程度に箸で混ぜて、汁を絡めていきます。

 

大橋 4.jpg

 

 

 

 


 

 

辣油、花椒、酢を足して、自分好みの辛さと味に仕上げます。


美味しさには、塩味、甘味、酸味、旨味、辛味などいろいろありますが、
花椒特有の「シビレ」もクセになる美味しさですよね!

今後も、各地の名物を食べていきたいので、
隠れた名物等をご存知の方は、ぜひ教えて下さい!


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

麻辣とうがらし&柿ピー」です。
こちらは花椒ではなく、山椒を使用しているのですが、
適度な「シビレ」と「辛さ」がクセになります。
辛い物が苦手な人でも、辛さに勝る旨さで気に入っていただけると思います。


投稿者 伍魚福スタッフ : 10:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年9月21日

「クリームチーズ生ハム包み」キャンペーン

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

ワインのおつまみとして好評の「クリームチーズ生ハム包み」。
そのかわいらしい形状から、特に女性に人気があります。

日頃、ご愛顧いただいているお客さまへ感謝の気持ちを込め、
9月からオリーブオイルの小袋付きキャンペーンを実施しています。

商品に添付しているのは「エクストラバージンオリーブオイル」。
ギリシャ南部のラコニア地方で栽培されているオリーブの実を搾ったものです。
寒暖の差が大きな環境で育つため、果実のような甘味の強い濃厚な味が特徴です。

この商品は豚ロース肉をじっくりと熟成させ、まろやかに仕上げた生ハムで、
北海道産の良質な生乳を100%使用したクリームチーズをふんわりと包みました。
口の中で溶けるような贅沢な味わいです。

オリーブオイルをかけると、そのまろやかさが一層引き立ちます。
食べ比べてみるとハッ!としますよ。

クリームチーズ生ハム包み オリーブオイル .JPG

 

 

 

 

 

 

 

ワインとともに、その印象的なおいしさを、ぜひ味わってください。

キャンペーンは11月上旬あたりまでの予定です。
予定数量を販売次第、終了させていただきます。

 

クリームチーズ生ハム包み .jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年9月14日

閑話休題...ネタがない。

こんにちは!
繁盛係の佐藤です。
ご無沙汰です。

ブログ当番が11か月ぶりに廻ってきました。
過去の提出を見てみると、だいたい10カ月前後で回ってきますが、今回はネタが思いつきません。

1年近く何もないのは、ちと寂しい状況と思いますが、
きっと気付かない程の小さな幸せはポロポロといっぱいあったのでしょう。たぶん。

で、今回は「こんなことあったなあ~」という嬉しかったこと、楽しかったこと、
寂しかったことを、少しだけ記載します。


中でも大分嬉し・楽しかったこと。

先日、結婚退社された同僚と軽く会食をする機会があり、三宮へ。

三宮をぶらぶらして居酒屋でしばし再会を喜んだのですが、
準備の大変によろしい方で、ご家族、特にお子さんの写真を持参しており、見せて頂きました。

写真もミニアルバム化しており、大変見やすく、驚きと感動!
自身も親も、そんなことをしようとも思わないことで。大感動!

自身、生まれが50年代後半で、
親にしても、まだまだ生活が苦しい頃なので致し方ありませんし、
自身にもそんなアイデアは。

とにかく、ミニアルバムの工夫は凄いものがありました。


ちょっとお話しすると。
二人のお子さんが同じ年齢になると、同じ服を着て、
ほぼ同じポーズをとっている写真が、見開きに並んでセットされており、
容易に見比べることが出来るなどなど、工夫の固まりでした。

何より、会うというお誘いがあったことが大変うれしく、
会っていろいろお話ししたことが楽しい出来事でした。

また機会があれば、成長したお子の比較アルバムを見せて頂くことを口実にお会いしたいものです。

 

佐藤 1.png

 

 

 

 

 

 

仮に第一子をこんな感じで写したとしたら、
同じ月数くらいに、同じ小物を使って第二子を撮影し、
ミニアルバムの見開き左右に写真を貼付して、見比べられます。

第一子、二子、兄弟の間隔があくと、小物をとっておくのも難儀な話なのですが、
実現したアルバムでは「似てる~!」「表情がそっくり~」など思いがけない発見も。

残念のは、旦那さんが申し訳程度に登場すること。
表情からは幸せ感いっぱいなのですが、ちょっと悲しい扱いに。

まあ世のお父さんの扱いはこんなものでしょうし、子供のミニアルバムなので仕方ないですが。


嬉し・楽しかったこと。

三宮で元同僚と会食したお店が「青森ねぶたワールド」というお店。
正面にねぶたのデッカイ模様が描かれ、一目で青森と判るデザインです。

青森を含め、北東北は自身の業務で結構な回数訪問した地であり、
特に青森は先輩から引き継いだ得意先、呑み屋がある思い出の地です。

三宮の居酒屋メニューに「いがメンチ」があり、大変懐かしく思い、注文しました。
久しぶりの「いがメンチ」、美味しかったですよ!

佐藤 2.png

 

 

 

 

 

いがメンチ?

「イガ」とは「いか」のことで、訛りがそのままメニュー名になったのが「いがメンチ」らしいです。

青森では鮮度の良いいかが水揚げされることから、いかは身近な食材とのこと。
今は贅沢品?に。

調べると「いかめんち」「イカメンチ」とか、いろいろあるようですが、
中身はいかのゲソ(足)を粗みじん切りしたものと、
玉ねぎ、ピーマン、人参などの野菜のみじん切りを合わせて、こねて揚げたものです。
近年、「いか」は高級食材になってしまいまいたが。

「青森ねぶたワールド」は三宮に2軒。
三宮生田新道店、三宮神戸店とあるようですが、
私は三宮駅東側の西国街道沿いの三宮神戸店?に行きました。

近くに「山陰隠岐の島ワールド」やら、人気の居酒屋があるのですが、
共に生田新道店があるようなので、三宮駅を挟んで東西両方に店舗があるようです。


悲し・寂しかったこと。

今年もいろいろなな有名人が旅立ちました。

西城秀樹さん。
年頃の頃から、テレビで見ない日はないほど。
ハウス食品がコメントを発すなど話題に。

桂歌丸さん
幼少の頃より、親と一緒に見た笑点生え抜きのメンバー。
病の中、高座に上がるなどの姿勢が。

菅井きんさん
えっ、知らない?
時代劇必殺シリーズでの姑役で有名な方です。
大好きな名わき役でした。

他にも星野仙一さん、大杉蓮さん、
最近ではちびまるこの原作者さくらももこさん、などなど...。
自身が齢を重ねるごとに、昭和からの有名人が一人、また一人と。
寂しいかぎりです。

 

また、今年は息子が大変にお世話になった方も、先日他界されました。
この方は嫁の妹の旦那さんのお父さんなのですが、
縁の遠い我が息子を、大変に可愛がって頂きました。

中学2年まで、夏になると約1週間、自宅へ泊まり込んでいました。
小学生の頃は、自宅でカブトムシの養殖を趣味でされていたので、
それ目的で泊まっていたのも事実ですが、
大変感化され、我が家でも養殖をやってみると言い出したことが思い出されます。

養殖は失敗し、大量に発生したのはカナブンという残念な結果になりましたが。

 

ここまではOK

佐藤 3.png

 

 

 


 

 

こうはならず  

佐藤 4.png

 

 

 

 


 

こちらに 

佐藤 5.png

 

 

 

 

 

 

 夢に終わりました!

佐藤 6.png

 

 

 


 

 


ご冥福をお祈りいたします。

子供も大きくなり(まだ学生ですが)、親と一緒に行動することもめっきりと少なくなってしまいました。
ブログ当番も、年を追うごとに大変に。

 

次回に備えて、何か出かけた際は画像をおさえ、
次はもっともっと明るく楽しいことが書けるようにしたいですね~。


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

S)北海道産つぶ貝 甘辛仕立て」です。
そのままつまみとしてもいけるし、わかめ、きゅうりの酢の物と合わせてもいけるし。
何よりコリコリした歯ごたえが堪りません。
更に常温可能!
ちょっとした電車旅でも持ち運べ、重宝なのが最高!

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:28 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年9月 7日

「一杯の珍極)シーザーサラダクルトン」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。


ビールに合う、おいしくて軽~いおつまみをご紹介します。
9月に発売した一杯の珍極)シーザーサラダクルトンです。

シーザーサラダ味のクルトンに、
揚げ塩コーン、ベーコン風チップを合わせた料理風のおつまみです。

もちろん、そのまま食べてもいいのですが、
水菜、紫タマネギ、レタス、うす揚げを焼いたものに、
袋を開けて、そのままザサッとかけました。

一杯の珍極)シーザーサラダクルトン .JPG

 

 

 

 

 

 

 

ベーコン風チップにコクがあってアクセントになり、
サラダの味や食感に変化が出ておいしいです。

ピザに散らしてもいけると思います。
自分なりのおいしい食べ方、見つけてください。

 

【2018年9月発売】一杯の珍極)シーザーサラダクルトン.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:39 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE

スタッフ世間話 RSS

RSS 1.0