HOME

運が良かった・・・

2018年4月13日

運が良かった・・・

こんにちは!
情報システム担当の佐々木です。

神戸は桜も咲き終わり、一年で一番過ごしやすい季節になってきました。
今回は、ある意味すごく運が良かったと感じた話にお付き合い下さい。


昨年末最後の週に、突然、右腕の付け根から先と、右脚の付け根から先に、しびれた
症状が起こりました。ちょうど、長い間正座して急に立ち上がると、足がジーンと麻痺する
あの感覚が右腕、右脚にきたというような感じでした。

その時は数十秒程度で、しびれは無くなり「何?今の・・・」と思う程度だったのですが、
その日以降、1日に何回も、そしてしびれている時間も長くなっていきました。

「体の片側だけになにか異常がみられたら、脳の疾患では?」いうのは知識として
知ってはいましたが、しびれている間も手足はふつうに動かせませたし、年末の
忙しさ、まさか自分が・・・という過信もあり、病院に行ったのはそれからまだ数日
してからという呑気な状態でした。

さすがにこの状態で年越しをするのは不安になり、12/30に休日診療をしている
病院へ行き、先生に説明したところ、すぐに脳のMRIを撮ることになり、
結果は・・・

「脳梗塞です。即入院して下さい。」と先生の淡々した言葉。

・・・  頭が真っ白! ・・・ ・・・ 目の前が真っ暗!

「脳梗塞ってえらいこっちゃ!! これからどうなるやろ!!!」と不安に押し潰され
そうになりながら入院スタート。



それからは血栓を溶かす薬の投与など脳梗塞の症状軽減と、なにか隠れた病がないか
どうかを全身くまなくチェックする為に、ありとあらゆる精密検査を受けました。

IMG_3127.JPG



















楽しみのお正月休みも家族と離れ、寂しい一人ぼっちの入院生活でかつ、なにより
B級グルメの食いしん坊を自称する私には、高血圧改善の病院食の味気無さに
涙々の入院生活でした。


大晦日の食事
IMG_3135.JPG




























元旦の食事
IMG_3121.JPG






























しかし、年末救急という状態にもかかわらず脳外科専門医の先生がいる病院に
入院出来て、脳梗塞自体が軽いものであった事もあり症状も順調に回復して
いき、また、色々な検査でもそれ以外で異常な無かった事もあり、約2週間という
比較的短い期間で退院できました。

それから3ヶ月が経ち、後遺症もなく元気に生活ができています。

先生から、脳の疾患は時間との勝負で脳梗塞の薬も症状が現れて、
4、5時間以内に投薬をしないと重症化する可能性があることや、
血栓ができた位置があと1センチずれていたら、完全に手足がマヒしていたと、
説明を受けゾッとすると共に、脳梗塞という恐ろしい病気になりながらも、
ある意味すごく運が良かったとしみじみ思っています。



今まで通り、日々日常を生活していると日頃の健康管理の意識を
軽く考えたりしがちですが、それこそが落とし穴なのだと、
肝に銘じていきたいと思います。




私のお気に入り珍味】-----------------------------
2種のチーズとサラミのミルフィーユ」です。

サラミの脂とチーズの塩味が重なることで
独特の旨味が口に広がります。
見た目も可愛くて食べやすいのもgood!
--------------------------------------------------------

次回は、サービス本部 平田さんです。
よろしくお願いします。




投稿者 伍魚福スタッフ : 19:12 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿






2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE

運が良かった・・・ RSS

RSS 1.0