HOME

ネタがない...

2017年10月 6日

ネタがない...

こんにちは!繁盛係の佐藤です。
ご無沙汰です。

前回は息子が初バイト代で、食事をごちそうしてくれた話を書きました。
今回は今年自身の誕生祝いを、と息子が話していたので、
出来た息子の自慢話でもと思ったのですが、
ちょうど出張で、祝いの席がブログ提出締め切り後になってしまいました。

そこで、ちょっと古い話で申し訳ないのですが、
年明け早々に北関東の嫁の実家茨城県水戸市より、
更に北の常陸太田の龍神大吊橋に行った時の模様を記載します。

 

龍神大吊橋...。

正月、TV番組で色々と放送がありますが、
どこかしらの局は、新成人の景気付けみたいな感じで、
バンジージャンプやら何やら放送していますが、
北関東にも名だたる名勝があります。

龍神大吊橋は茨城県の奥久慈県立自然公園にあり、
竜神峡にひろがるV字形渓谷を流れる竜神川をせき止めた竜神ダムの上にかけられ、
橋の長さは375メートルあり、歩行者専用の橋としては本州一の長さだそうです。

1 .JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月早々の晴天の中の龍神大吊橋

手前のワイヤーを吊る柱の奥に、小さく見える柱までが375メートルあります。
歩行者専用の橋で、渡るのに渡橋料を柱手前の小屋で支払います。

渡っても行き止まりなので、戻るしかありませんが、対岸に「木精の鐘」(もりのかね)があり、
愛・希望・幸福の3種類の音色を聴けます。
ここの愛の鐘はカップルに人気があり、愛の鐘を鳴らすと幸福になるとか...。

 

2 .JPG

 

 

 

 

 

 

正月早々の朝早い時間でも、結構な人数が...。
700万人、結構来る人が多いようです。
 
因みに、右の2人は息子と嫁です。
375メートルの橋を往復するのに、大人310円かかります!
310円×700万、結構な額を稼いだ!

 

橋を吊っているワイヤー止めの巨大なコンクリートと橋の概要

3 .JPG

 

 

 

 

 

 

入口側

  

 4 .JPG

 

 

 

 

 

 
対岸側

 

5 .JPG

 

 

 

 

 

概要 

 

 正月早々バンジー!

 6 .JPG

 

 

 

 

 

駐車場端にバンジージャンプの申込所があります。
やってみたい人はお申込みを...。

料金
1回目:16,000円
同日2回目:7,000円

16,000円出して怖い思いをし、更にもう1回飛ぶ気になる人なんているの?
お爺にはとても無理、1回でも無理。
橋から下見ただけで鳥肌が...。

 

正月早々跳ぶ物好きはいないと思っていましたが、
小1時間の滞在中に、次々に5~6人が大ジャンプ!
それも結構、女性が多い!

何か女性レポーターらしき人も大ジャンプ。
いざとなったら女性は肝が据わっている?

ジャンプは橋の欄干にある出入口か、橋の梁(青い所)に降りて、
一気に100メートル下へ跳びます。

7 .JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  


 

橋の下に伸びているロープの先の小っちゃいのが人です。
携帯で跳ぶ度に撮影を試みましたが、
何せ落ちるのが速くて、中々ベスト状態での撮影が出来ず、
小さくて見づらいですが...。

※「バンジージャパン」のHPには迫力のジャンプシーンの画像がありますので、参考にしてください。

 

龍神大吊橋からの水戸への帰路、
地元で繁盛しているという魚屋さんに立ちより、刺身とあんこうを調達。

正月なので、帰宅後は当然ながら大宴会!
刺身にアンコウ鍋に何か揚げ物もあったか?

ご近所さんも集まり、大盛り上がり!
水戸でも外れの農家なので、多少騒いでもだれも文句も言わず。
酔った酔った...。

これくらい酔いが回っていれば、龍神大吊橋も跳べたかも...。

   

8 .JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は魚屋さんの軒下に吊られたあんこうの頭と背骨。
あんこうは魚屋さんもつるし切りにするそうですが、中々難しいそうです。
あんこうは捨てる所がないと言っていましたが、確かに骨まで使っていました。

簡単にネットで検索できますので、近くにお越しの際はお立ち寄りください。

 

久慈には奥久慈どりと言うのもあり、また、そばも美味しいです。
また、水戸との間には西山荘(水戸黄門の隠居所)もあります。

機会があれば是非!是非!是非!


【私のお気に入り珍味】-----------------------------

北海道産半生焼たらこ」です。
ほんのり表面が焼けて中は半生。そのままでもおにぎりでも。
また、飲んだ後の〆でお茶漬けでも!
酒の肴、弁当などの具材にも言う事なし。

----------------------------------------------

次回は服部さんです。


 


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:02 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ旅行記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿






2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE

ネタがない... RSS

RSS 1.0