HOME

スーパーにて

2017年7月13日

スーパーにて


広報・編集担当の佐久間史信です。
週末、よくスーパーマーケットに買い物に行きます。


スーパーでは売り場の一角にあるサービスカウンターの近くなどに、
よく『お客さまの声』といったようなコーナーがあります。


「当店はお客さまを大切にしています」というお店の姿勢なのでしょう。


一つひとつの「声」に対して、店長が丁寧に答えています。
こんなスーパー、世界中にあるのかしらんと思います。
妻がレジに並んでいる間、ヒマなので、よく見に行きました。


ところが、その大半が文句や苦情の類です。


やれ、
「レジの店員がニコリともしない」
「買い物カゴへの商品の入れ方が悪い」
「ものを尋ねたらサービスカウンターで聞けと言われた。不親切だ」
「おつりのお札と硬貨を同時に渡され、財布に入れにくい」
「試食の販売員の声がうるさい」


かと思えば、
「カートの置き場所が悪い」
「カートを持ったら手が汚れた」
「カートの車輪の一つがちゃんと動かない」
「フロアのどこそこが汚れている」
「○○を買おうとしたら見つからない。商品の置き方が悪い」


やれ、通路がどうの、店内放送がどうの、果ては店員の化粧がどうの...。

(ようこれだけ勝手なことが書けるもんだ...)

読むたびにムッときました。


中でもひどいと思うのが、店員の個人名を書いて批判しているものです。

さすがに名前の部分は黒く塗りつぶして、のり弁当にしてありますが...。
店長としては、謝るほかありません。

そもそも、こんな内容のものを貼り出す必要があるのかと思います。

その店員に問題があったのであれば、本人にこっそり注意すればすむことです。
貼り出したところで、誰もいい気分になりません。


(毎日これでは、さぞ店長さんもたいへんだろう...)
 
と気の毒になったので、良い点を見つけて3回、お褒めの紙片を入れました。

もちろん、3つとも「ありがとうございます!」とうれしそうな返事がありました。
きっと店長さんは救われただろうと思います。


てなことで、読むたびに腹がたつので、見に行くのをやめました。

それから、どのくらいたったか...。

先日、ふとその気になったので、久々でのぞきに行きました。
7~8枚の紙が貼ってありました。

(相変わらずだなぁ...)
と思って見ていると、その中の1枚に目が吸い込まれました。

そこには、こう書いてありました。

『よくこれだけ身勝手なことばかり書けるものだと思います。
 何不自由なく買い物が出来ることに感謝するべきです。
 自分勝手なことを書きなさんな!』


バシッ!

よくぞ書いた!。

思わず「アッ!」と声が出てしまいました。


察するに、この方。
人として、しごくまっとうな考えをもっている老婆だと思います。
戦後の貧しい時代を生きてきた方でしょう。

いい歳をしながら、自分のことしか考えていない、
わがまま勝手な連中に、日頃から憤りを感じている方でしょう。

ゆがんだ性根に、たまらず一喝を下したのでしょう。


お見事でした。

胸がすく思いがしました。

あまりの爽快さに、店長さんの返事を読むのを忘れてしまいました。
返す返すも惜しいことをしました。


【私のお気に入り珍味】-----------------------------

オニオンチーズ」です。

このコクのあるおいしさ。
数ある弊社チーズ製品の中で一番です。

----------------------------------------------

次回は、佐々木係長です。

よろしくお願い致します。


投稿者 伍魚福 : 14:27 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿






2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE

スーパーにて RSS

RSS 1.0