2019年7月19日

「おつまみブルスケッタ)パルミジャーノ・レッジャーノ」


伍魚福の佐久間史信です。

あす20日(土)は「夏割りの日」です。
日本酒や洋酒を好きな飲物で割って、夏らしい爽快なドリンクを楽しもうという日です。

なら、おつまみも楽しまないと...。
ということで、今日は「おつまみブルスケッタ)パルミジャーノ・レッジャーノ」です。

「ブルスケッタ」はイタリア料理の軽食のひとつです。


細かく削ったパルミジャーノ・レッジャーノをバターと練り合わせたペーストを、
1枚、1枚、丁寧に塗りました。

そのまま食べると、熟成したチーズの濃厚な味わいです。
もちろん、これはこれでGOODです。

おつまみブルスケッタ)パルミジャーノ・レッジャーノ .JPG

 

 

 

 

 

 

 

白いのはモッツァレラチーズです。
その上にいろいろのせて...。

緑はピスタチオのディップです。
グッとコクの深い味わいになります。

もうひとつはシードとドライフルーツのオリーブオイル漬け。
ドライフルーツの甘さとよく合います。
ワインにぴったりです。


いろいろのせて、お酒に合わせた食べ方を見つけてください。
みんなのオリジナルのおつまみを持ち寄れば、きっと盛り上がりますよ。

日本酒向けに、アッ!と驚くアイデア、ありませんか?

53010 おつまみブルスケッタ)パルミジャーノ・レッジャーノ.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 17:02 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年7月12日

手作り味噌


商品開発チームの村田です。


ちょっと前ですが...。
2月24日に地域の手作り味噌の会に参加してきました。

大人も子供もまぜこぜの15人くらいのメンバーが集まりました。
我が家も家族4人で参加しました。

 
まず、味噌の作り方はざっとこんな感じ。

①大豆を洗って1日水に漬ける
②大豆を煮る
③大豆をつぶす
④つぶした大豆に塩と麹を混ぜ合わせる
⑤味噌玉を作る
⑥容器に入れて保管

 
①と②は先生が事前に行ってくれたので、この日は③以降をしました。

 
タライに煮た大豆を入れて、コップやタッパーに手を入れ、
みんなでよってたかってつぶします。

村田 1.jpeg

  

 

 

 

 

  

村田 2.jpeg 


 

 

 

 

 

塩と麹を混ぜ合わせて投入し、手で混ぜる工程④へ。

この時、1回石鹸で手を洗っておこうとすると、
先生から、あまり手は洗いすぎない方がよいとのひと言。
手の菌がいろいろ入ると、美味しい味噌になるとのこと...。、

昔は家庭で手作りしていたので、家ごとに菌が変わって、
味噌の味もそれぞれの家の味になっていたそう。


除菌除菌という今の時代、えーっ!と思ったけれど、
人間も自然の一部だからと考えると、そうなんかと納得。

ということで、手は水で洗うだけにして、
5個ほどのタライを3人ほどでもみもみ混ぜます。

塩が手にしみる...。

5分ほど経ったら違うタライに移動を繰り返し、みんなの菌を入れます。


耳たぶくらいの硬さになったら工程⑤。
1個500グラムの味噌玉を作ります。

村田 3.jpeg 


 

 

 

 

 

できた味噌玉は各自持ち帰り、家で熟成させます。

教室から帰るのが一番遅かった我が家は残り福で、
大量の味噌玉をいただいて、ふうふう言いながら持って帰り、
焼酎で消毒した梅酒ビン3個に詰めました。

 
それから。

ものぐさな性格により、なんと4か月放置...。
反省しながら蓋を開けると、表面にいろいろなコロニーが...。

ああ!、やってしまった!
と思いつつ、いろいろ調べると、取り除けば大丈夫とのこと。


上層部を取り除き、おそるおそる味見をすると...。

あれ、これ美味しい!!
しっかり味噌になっていました。

村田 4.jpg

 

 

 

 

 

 

村田 5.jpg 


 

 

 

 

これから熟成を重ねて、また味が変わるのが楽しみです。


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

小っちゃな梅ゼリー」です。
かわいい見た目と甘酸っぱい梅の味で、我が家で大人気です。
すぐなくなります。
 


投稿者 伍魚福スタッフ : 13:36 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2019年7月 5日

「袋入)明石だこのたこわさび」

伍魚福の佐久間史信です。

ようやく梅雨入りしたと思ったら、とたんに梅雨末期のような大雨です。
風もなく、しとしとと降る雨はいいものですが、豪雨はご勘弁願いたいです。


さて、タコを食べる風習の「半夏生」(2日)は過ぎてしまいましたが...。
遅らばせながら、タコのおつまみ「袋入)明石だこのたこわざび」を。


明石だこ、静岡産わさび茎、鳴門産わかめを使って、風味よく仕上げました。
手切りにしたタコのコリコリとした食感。
そこにわさびの香りがツ~ンときて、食欲、いや飲欲を刺激します。

タコの歯応えがたまりません。

袋入)明石だこのたこわさび .JPG

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、そのままでもいいのですが...。

私の好きなカップリングは長芋の短冊です。
タコのコリコリ食感と長芋のシャリシャリ食感。
このコントラストが抜群なのです。

色の違いもまた涼し気でいいです。


これぞ夏向け。
よく冷えたビールや日本酒にぴったりです。

 

【2018年5月末デザイン変更~】明石だこのたこわさび.jpg

 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:54 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年6月28日

昆虫探検隊


お客様繁盛推進本部の定浪です。


小学三年生の長女が、地元の中学校の先生方が主催する「昆虫探検隊」に行きたいと言ってきて、
応募したらみごと当選したので行ってきました。


午前中は昆虫の観察と採集。

定浪 1.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 「毒箱」に獲った昆虫を入れていきます。

定浪 2.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼からは、獲った昆虫達の標本作り。

定浪 3.jpg

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

アオスジアゲハもゲット!

定浪 4.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探検隊はあと2回あるので、いろいろ学んで欲しいですね。

定浪 5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


 

【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

私のお気に入りは「チャーシューとん兵衛」です。
そのままだったり、ラーメンの具材にも最適ですが、
私は少し炙って、ごはんのせてチャーシュー丼にするのがブームです。

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2019年6月21日

「スモークビーフ」

伍魚福の佐久間史信です。

ビールがうまい季節になりました。

えっ?、年中うまいって?
私もそう思います。
特に、としましょう。


きょうは夏のビールに力が湧いてくるアテを。
国産牛の希少部位を使った「スモークビーフ」です。

スモークビーフ .JPG
 

 

 

 

 

 

希少部位とは、バラ肉の外側にある「カッパ」と呼ばれる部分。
赤身と脂身のバランスがよいのが特徴です。
 
これを塩と5種類の香辛料などを混ぜ合わせて、肉の表面に塗り、
2日間漬けた後、桜チップでスモークしました。

食べやすいサイズにスライスしています。

 
凝縮した肉のコクと旨み、香辛料とスモークの風味...。
このコンビネーションがたまらないのです。
 
しっとりしていて、噛み応えも十分です。
ビーフのおいしさが、口の中にじゅわ~っと広がります。

とにかく、旨いんですよ。

218770 スモークビーフ【2017年7月~ビールに合う】.jpg

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:09 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年6月14日

最近食べたもの

お客様繁盛推進本部の青山です。

最近は美味しいものを食べる機会が多く、その一部を紹介したいと思います。
 

1つ目は「インドカレー屋さん」

職場近くにあるインドカレーのお店です。
たくさんの種類の中からルーを選ぶことができます!

私はシーフードカレーをいただきました。

青山 1.jpg

 

 

 

 

 

 

そしてナンが大きい...。
食べきれなければ持ち帰ることもできるので、女性の方でも安心ですね。

青山 2.jpg

 

 

 

 

 

 

そしてラッシーがサービスで付いてきます!

青山 3.jpg

 

 

 


 

 

 

 

2つ目が「チーズ専門店」

前から気になっていたチーズ専門店へ。
お目当てのラクレットチーズをかけたソーセージは、美味しすぎてペロッと食べてしまいました♪

青山 4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

中に3種のチーズが入ったパイ生地のピザは、ハチミツをかけていただきました。

青山 5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

デザートには、チーズの形をしたチーズケーキと、ベリーのレアチーズケーキをいただきました。

青山 6.jpg

 

 

 


 

 

美味しいのはもちろん、見た目にも楽しい料理ばかりでした。


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

マンゴー&クリームチーズサンド」です。
甘くてついつい止まらなくなる味わいです。


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:17 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2019年6月 7日

「スモーク一夜干焼いか」

伍魚福の佐久間史信です。

6月です。
いよいよ夏です。

きょうは6月1日に発売した新商品「スモーク一夜干焼いか」です。


伍魚福の看板商品の一つ「一夜干焼いか」のスモークタイプです。

国産の生スルメイカを使用。スモークした後に、鉄板にギュッと挟んで焼き上げました。
生のイカを加工しているので、旨みの強いイカの皮がしっかり残っています。

スモーク一夜干焼いか .JPG

 

 

 

 

 

 

 

やわらかですが、「一夜干焼いか」より食べ応えのある食感です。

燻製の香りと焼いた香ばしさ...。
イカがなにか〝高級〟になった感じがします。


純粋なイカの味がいいのか、ちょっと凝ったイカの味がいいのか...。
これはまぁ人それぞれ。好き好きですね。

いずれにしろ、「一夜干焼いか」ファンの方には、ぜひ味わってほしい一品です。

 

【2019年6月発売】スモーク一夜干焼いか.jpg

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年5月30日

「ちりめん山椒」

伍魚福の佐久間史信です。

しかし、この日曜日の北海道の気温には仰天しました。

この春の寒暖の差はちょっと記憶にのこりますね。
みなさん、体調はいかがでしょうか?


きょうは、いま、「旬」を味わえる「ちりめん山椒」です。

淡路島で獲れたカタクチイワシを生のまま、兵庫県産朝倉山椒と一緒に炊き上げました。

ちりめん山椒 .JPG

 

 

 

 

 

 

 

朝倉山椒は実が大きく、豊かでさわやかな香りをもっています。
加えて、辛み(しびれ)が少ないのが特徴です。

産地の兵庫県養父(やぶ)市では、いま、特産品として育成に取り組んでいます。


炊きたてのご飯にのせると、そのおいしさが分かります。
これぞ旬の贅沢!と、ため息が出ますよ。

もちろん、おつまみにもいいですが。


兵庫県の海と山の恵みが作りあげる一品です。
生から炊き上げるゆえのやわらかさとおいしさを、ぜひ味わってください。

いま、「新物」のラベルを貼りつけています。
お早めにどうぞ。

 

ちりめん山椒 110g .JPG

ちりめん山椒 80g .JPG


投稿者 伍魚福スタッフ : 10:53 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年5月24日

はなちゃんの誕生日

こんにちは。
品質保証本部の南川です。


実は2年前から犬を飼っています。

名前は「はなちゃん」です。

南川 1.jpg

 

 

 

 

 

 

先日、2歳の誕生日を迎えたので、ケーキを作ることにしました。

土台はさつまいもを茹でて成形し、クリームの代わりにヨーグルトを水切りしました。
ブロッコリーと人参を茹でて、いちごはスライスしました。
りんごは薄切りにしてレンチン、くるくる巻いてお花にします。

南川 2.jpg

 

 

 

 

 

 

せっせと盛り付けます。

南川 3.jpg

 

 

 

 

  

 

不思議な顔して見てます。

南川 4.jpg

 

 

 

 

 

 

出来上がりました~!!

南川 5.jpg

 

 

 

 

 

 

 


最初は様子を見ていましたが...、美味しそうに食べてくれました!!

南川 6.jpg

 

 

 

 

 

 

南川 7.jpg

 

 

 

 

  

 

お腹が膨れて満足すると、眠ってしまいました。

南川 8.jpg

 

 

 

 

 


 

ホント、はなちゃんはマイペースでのんびりしていますが、
いつまでも長生きしてほしいと思ってます。

 

【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

2種のチーズとサラミのミルフィーユ」です。
酸味のあるミラノサラミとカマンベール入りチーズ、チェダーチーズが
ミルフィーユになっていて、とても美味しいです。
ひとくちで食べても美味しいですが、サラミとチーズをばらしてちびちび食べるのもお勧めです。


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:54 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2019年5月17日

「チーズパンチェッタ」

伍魚福の佐久間史信です。

目を奪われていた新緑が、日に日に濃くなっていきます。

今年はちょっと天候不順で、春の"いい季節"がなかったような...。
街はすでに初夏の兆しです。


今日の一品は「チーズパンチェッタ」です。

漬け込みから熟成まで約20日かけたパンチェッタを、チーズに巻きました。
豚ばら肉の旨みとチーズのまろやかさが見事に溶け合っています。

チーズパンチェッタ .JPG

 

 

 

 

 

 

ポイントはチーズにあえてプロセスチーズを使っていること。
これで噛み応えのあるパンチェッタとの味の調和を、最後まで楽しめるのです。


このなんとも言えない滑らかさは、まさにワインにぴったりです。
1つ食べると、きっと満足感にひたれます。

氷の上に盛りつけると、ちょっとオシャレで、グレード感も...。
ワイングラスの雰囲気が、いつもと変わります。
味もキュッと締まって、おいしいですよ。


味の移ろいを確かめながら、ゆっくりと味わってほしい一品です。

217960 チーズパンチェッタ.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:03 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より


2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE