2020年1月17日

「こんがり焼チーズ」


伍魚福の佐久間史信です。

今日は15日に発売したばかりの新商品「こんがり焼チーズ」です。

北海道産チェダーチーズを配合したなめらかな口どけのチーズを、
魚肉シートにのせて、こんがりと焼き上げました。


焼きチーズでよく見かけるのは大判タイプ。
一人で一度に食べるにはちょっと...と思う方も多いでしょう。

そこで。
一度で食べ切れるよう、大判タイプの3分の2ほどの大きさにしました。
8×10センチの板状の焼きチーズが2枚入っています。
厚さは約5ミリです。


食べ応えがある、ちょうどいい大きさです。
もちろん、そのままでもいいですが、温めると一層おいしいです。

カットして、じゃがいも、うす揚げにのせてグリルで焼いてみました。

こんがり焼チーズ .JPG

 

 

 

 

 

 

 

赤いのはケチャップ、白いのはマヨネーズです。
どちらもGOOD!でした。

もちろんオーブントースターで焼いてもいいです。
そのまま食パンにのせてい焼いてもいいですね。


食べ方いろいろです。

楽しんで味わってください。

213150 こんがり焼チーズ .JPG

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:12 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2020年1月10日

「チャーシューとん兵衛」


伍魚福の佐久間史信です。

あけましておめでとうございます。

この年末年始は長い休みだった方も多いのではないでしょうか。
我が家を離れて龍宮城(もどきも含む)にどっぷり。
毎日、御馳走にお酒で、飲めや眠れやの好き放題...。

夢からさめれば、さぞ、現実は辛いでしょう。


しかし、いつまでもそれではいけません。
まだ引きずっている方に、さっと気持ちを切り替える方法をお教えしましょう。

それは食べ物です。
食べ物を元に戻せば、〝庶民のカラダ〟に戻るのです。

というわけで、本日は「チャーシューとん兵衛」です。

 

チャーシューとん兵衛 2.JPG

 

 

 

 

 

  

豚のバラ肉を、甘めのタレにじっくりと漬け込み、こんがりと焼き上げました。
脂身と赤身のバランスがなんとも絶妙で、チャーシューの旨味ここに在り、です。

温めるとやわらかくなって、一段とおいしくなります。


一番のオススメはラーメンに入れること。

チャーシューとん兵衛 1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

口の中でとろけそうなおいしさです。

きっとウソだと思う方がいるでしょう。

なら、ぜひ一度、試してください。
あのラーメンが...、ただのインスタントラーメンが生まれ変わります。

ブロックなので、好きな厚さにスライスしてどうぞ。

 

そうそう。
刻んでチャーハンに入れても旨いですよ。


ラーメンを食べれば、カラダも気分も元の庶民に戻ります。

さあ、新しい年を張り切っていきましょう。

 

214250 チャーシューとん兵衛.JPG

 

 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 16:12 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年12月27日

〝大人の味〟のおつまみを2品


伍魚福の佐久間史信です。

今年もあとわずかになりました。
年の瀬になると、あわただしい半面、やはり1年を振り返りますね。

令和初の年末年始、みなさんはどうのようにお過ごしでしょうか?

今年の最後に独特のほろ苦さがおいしい"大人の味"のおつまみを。
熱燗を静かに...という方にオススメです。


一つは粋なおいしさの「ぶりの香味揚げ」です。

S)ぶりの香味揚げ .JPG

 

 

 

 

 

 

 

魚肉のすり身に、九州産ぶりのほぐし身+すり身を混ぜ込んで、香ばしく油で揚げました。
ぶりの照り焼きをイメージした味付けにし、生姜でアクセントをつけています。

この生姜がしっかりと効いていているところが〝大人の味〟なのです。

ガッサリとした崩れるような食べ心地もいいです。
なかなか充実感のあるおいしさです。

何も加えず、そのまま味わってほしいです。


もう一つが「宇和島で作ったじゃこ天」です。

宇和島で作ったじゃこ天 .JPG

 

 

 

 

 

 

 

愛媛県宇和島市の近海で水揚げされるホタルジャコ。
これを主とした小魚を丁寧にさばき、すりつぶして天ぷらにしました。

なんの飾り気もない、じゃこ天そのままのシンプルな味です。

じゃこのちょっと苦味のあるところが独特のおいしさです。
「これぞ宇和島の味!」です。

私は少し冷やした状態が好きです。
シャリシャリとした食感が心地良いです。

温めると、その食感と、あの苦味がボヤける感じがします。


わさびをつけるとおいしいですが、もっとおいしかったのが柚子胡椒。
でも、もっともおいしかったのが醤油です。

理由は醤油がズバリ、じゃこ天の味がそのままだからです。

食べ方は好き好き。お好きなように。

 

230170 S)ぶりの香味揚げ.jpg 215590 宇和島で作ったじゃこ天.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:58 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年12月20日

「4種のチーズセット」


伍魚福の佐久間史信です。

今年もいよいよカウントダウンに入りました。

来週はクリスマスです。
家庭や仲間同士でパーティーを開く方も多いでしょう。

そんな際にぴったりのおつまみが「4種のチーズセット」です。
毎年この時期に販売しており、とても人気の商品です。


タイプが異なる4種類のチーズを詰め合わせました。
「しっとり焼きチーズ」「ひとくちレッドチェダー」
「ひとくちカマンベール」「黒胡椒焼きチーズ」の4つです。

4種のチーズセット .JPG

 

 

 

 

 

 

色、形もそれぞれで、お皿に盛るだけで楽しい雰囲気になります。

もちろん味もそれぞれ。
食べ比べも話が盛り上げるきっかけになります。


いずれも個包装にしており、好きに楽しめます。
家飲みのパーティーにもってこいです。

もちろん、ワインにぴったりですが、冷酒のおつまみにするのも一興です。

価格も950円(税込)と手ごろ。
何かいいおつまみは...と迷ったら、ぜひどうぞ。

 

【2019年10月発売】4種のチーズセット.jpg

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:42 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年12月13日

よく行く。

こんにちは。
販担当の田中(37歳)です。

珍味屋で働く私は「変わった食べ物」が大好きです!

現在は大阪に住んでいるのですが、変わった食べ物が揃う
鶴橋には自宅から30分もかからずに出かけられます。

休みのたびに、焼き肉のことは忘れ何か変わったものがないか
物色するのが楽しみです。

今日はそこで買ってきたもの、食べてきたものをご紹介します。


まずは、飲食店でこちら。「エイの生肝」です。




191213_eikimo.jpg























鶴橋にある居酒屋さんで食べたのですが、この店以外では
お目にかかったことがありません。

牛の生レバーとは疎遠になってからは、心のよりどころです。




続いて、蒸し豚屋さんで買うもの2点。

まずは、豚舌。


191213_tontan.jpg




















焼肉屋さんで見かける形状とは異なり、色んなものが付いてきています。
ひとつの塊で色んな食感、味が楽しめます。

そして、小袋。


191213_kobukuro.jpg



















豚の子宮なのだそうで、独特の弾力ある食感が面白いです。



最後は魚屋さん。

割った状態のウニです。

191213_uni.jpg





















百貨店よりははるかにリーズナブルに買えてしまいます。
そして濃厚でおいしいです。


エイの刺身。


191213_ei.jpg






















お店の方に尋ねると、このブログの最初の「エイの生肝」の仕入れ元は
こちらの店とのこと。

新鮮なため、臭みもなくコリコリとした弾力ある食感でお酒がすすみます。


そして、トリを飾るのはこちら。

191213_gokko.jpg



















「ごっこ」です。
ホテイウオともいうそうで、北海道では非常にポピュラーな魚とのこと。

見た目はオタマジャクシのようなフォルムです。

191213_gokko2.jpg























汁物にして食べると表面の皮はアンコウのようにプルプルした食感で身はたんぱくな味わいでした。

ということで、こんな風によく行く場所をご紹介しました。
今日は金曜日ということでこの週末にも出かけてみようと思います。


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

数量限定「香ばしく炙ったやわらかハム」です。
豚バラ肉で作ったハムは珍しく、しっとりしたした舌ざわりと脂の旨みがなんともおいしい一品です。やっぱり珍しいもの、最高です。






投稿者 伍魚福スタッフ : 13:27 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係よりスタッフ世間話

2019年12月 6日

熱燗にぴったりの焼きいかのおつまみ2品


伍魚福の佐久間史信です。

弊社は来年創業65年になりますが、創業以来のおつきあいなのがイカです。
これまでイカを使った数々のおつまみを作り続けてきました。

イカと弊社は切っても切れない縁があるのです。
まさにイカ様様なのです。

イカサマではありませんので。
...
失礼しました。


そんなイカを焼いた熱燗にぴったりのおつまみを2つ。

まずは「津々浦々)沖漬風焼いか」です。

津々浦々)沖漬風焼いか .JPG

 

 

 

 

 

 

 

国産のスルメイカを軽く干して、さっと焼き上げました。
いかごろ(肝)を混ぜて味付けし、いかの甘み、旨みを十分に引き出しています。
バサバサとした独特の食感です。

イカの甘みに塩辛さが加わった、とっても濃厚な味で、もう見事に熱燗のアテ。
これ一袋でどれほどの酒が飲めるか...と思ってしまいます。

ほかに言うことがありません。


もう1つは「一杯の珍極)北海真いかのげそ焼き」です。

一杯の珍極)北海真いかのげそ焼き .JPG

 

 

 

 

 

 

 

こちらはスルメイカのゲソ(足)を柔らかく焼き上げました。
隠し味の唐辛子がピリッと味を引き締めています。

なんといっても、しっとりとして、でも、しっかりとした歯応えがいいです。
噛むほどに、柔らかな旨みが広がります。
その素朴な味が日本酒の味をくっきりと浮き出してくれます。


どちらも一人静かに熱燗を飲むのにぴったりです。

何かとあわただしい師走。
でも、心静かに一年を振り返る時間も大切です。
ゆっくりと味わいつつ、呑んでください。

 

27150 津々浦々)沖漬風焼いか.jpg 18350 一杯の珍極)北海真いかのげそ焼き.jpg

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:09 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年11月29日

「香住がに入り天ぷら」「香住がに入りちくわ」


伍魚福の佐久間史信です。

師走が目の前です。

いよいよ本格的な熱燗のシーズンになりました。
楽しみな季節の到来です。

熱燗といえば...って難しいのですが、まずは練りものでしょうか。
おでん、鍋...。

いやいや、冬の味覚ならばカニだ、という声も聞こえてきます。

なら、一度に両方はいかが?


ということで、本日はカニの入った練り物を2つ。
カニといっても、兵庫県・香住漁港の名物・香住がに(ベニズワイガニ)です。


まずは「香住がに入り天ぷら」です。

香住がに入り天ぷら .JPG

 

 

 

 

 

 

 

ベニズワイガニの身を白身魚のすり身に混ぜ合わせ、油で揚げました。
シンプルな味付けで、ほんのりと甘く、やさしい味わいです。
歯応えもやさしいです。

軽くあぶると、そのやさしさが増して一層おいしくなります。

 
もう1つは「香住がに入りちくわ」です。

香住がに入りちくわ .JPG

 

 

 

 

 

 

 

同じくカニの身を白身魚のすり身に混ぜ合わせ、香ばしく焼き上げました。
こちらはぷりぷりとした食感で、ほんのりとカニの甘味が広がります。

やさしい食べ応えで、焼いたりせずに、そのまま食べるのが私は一番好きです。


どちらも焼酎にもよく合います。 
おでんの具材に使うのもいいですよ。

 

213700 香住がに入り天ぷら.jpg

215920 香住がに入りちくわ.jpg

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 16:25 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年11月25日

「ワインと愉しむ3品セット」


伍魚福の佐久間史信です。

忘年会、クリスマス...12月になると昼も夜も忙しいシーズンになります。
しっかりと体調管理をして、今年を締めくくりましょう。


今回は忘年会や新年会向けに、オトクなセットをご紹介します。
ワイン好きな方に、その名も「ワインと愉しむ3品セット」です。

弊社商品の中から、特にワインのおつまみとして人気の3品を選びました。
・クリームチーズ生ハム包み
・マンゴー&クリームチーズサンド
・チーズパンチェッタ

ワインと愉しむ3品セット .JPG

 

 

 

 

 

 

 

形も色もそれぞれの3商品です。
1つのお皿に盛れば、それだけでテーブルが華やかになります。

もちろん、味もそれぞれ。
食べながら、きっと話にも花が咲きます。


いつもとちょっと違う飲み会にしたい。
そんなときにはこのセットです。
12月末までの期間限定販売です。

1つずつ、ゆっくりと味わってください。

Pワインと愉しむ3品セット .JPG


投稿者 伍魚福スタッフ : 17:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年11月15日

「クリームチーズ生ハム包み」


伍魚福の佐久間史信です。

21日のボジョレー・ヌーボー解禁がもうすぐです。
楽しみにしている方も多いでしょう。

本日はもう一度、「クリームチーズ生ハム包み」についてです。

この商品、もちろんそのままで食べても、うっとりするおいしさなのですが...。
もっとぜいたく(?)な食べ方がいろいろあります。


たとえば、パンの上にキュウリ、トマトといっしょにのせたり...
あるいはトマトの上にのせてみたり...。

こうなると、クリームチーズと生ハムのおいしさが、また違ったものになります。

●クリームチーズ生ハム包み+オリーブオイル/アレンジ 1.jpg

●クリームチーズ生ハム包み+オリーブオイル/アレンジ 2.jpg


 

 

 

 

 

 

せっかくのワインは、ちょっと凝ったおつまみでテーブルを盛り上げたいもの。
おいしさだけでなく、扇形のかわいらしい形状も、きっとお役にたちます。

一工夫、二工夫して、自分だけのアレンジを楽しんでください。

クリームチーズ生ハム包みオリーブオイル添付2019.jpg



 


投稿者 伍魚福スタッフ : 16:23 | コメント (0) | トラックバック (0) | お客様繁盛係より

2019年11月 8日

男飯


阪神梅田店店長の矢引です。


最近はスーパーに出かけることが増え、晩ご飯の食材を購入してご飯を作ることが増えてきました。

味はまったく自信ありませんが、天津飯、栗ご飯は見た目は悪いですが味はしっかりでなかなか(?)

ご飯が出来上がった達成感が癖になっています。


●もやし炒め

KIMG0560.JPG

 

 

 

 

 

 

●もやし炒めたまごのせ

KIMG0561.JPG

 

 

 

 

 

 

●天津飯

KIMG0564.JPG

 

 

 

 

 

 

●栗ごはん

KIMG0563.JPG

 

 

 

 

 

 


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

今回のオススメは「ローストビーフスライス」です。
サラダにもピッタリで、スライスしているので、そのまま召し上がれます。
阪神梅田店で販売していますので、お待ちしています。


投稿者 伍魚福スタッフ : 13:31 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話


2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE