お得意先さまについて

2016年6月21日

キリンビール神戸工場で講演

20160621kirin_kobe01.JPG本日は午後から神戸市北区にあるキリンビール神戸工場に伺いました。
神崎工場長が「カンブリア宮殿」をご覧になったことをきっかけに工場の従業員の皆さんに講演をして欲しいとのことでお声がけを頂きました。

神戸工場の売店では、当社商品も販売いただいているお得意先様でもあります。

参加者は83名です。
タイトルはいつも通り「神戸で一番おもしろい会社を目指して」。

大変熱心に聞いていただきました。
20130326spiral.jpg「伍魚福エンターテイニングスパイラル」の図についてとてもわかりやすい、とのご意見もいただきました。

キリンビール神戸工場の「2018年ありたい姿」を伺って驚きました。
■ありたい姿
一人ひとりが"おもろい"を創造し、お客様をワクワクさせ続けることで、世界中が"おもろい"で溢れている。
■基本方針
1.<安全>
工場で働くすべての仲間と家族が"おもろい"毎日を暮せるように、もう一度「安全絶対最優先」の職場風土を醸成し、災害"0"を達成する。
2.<品質>
お客様をワクワクさせ続ける品質を実現するために、"おもろい"発想をバンバン出していく。
3.<人の成長>
お客様にとって"おもろい"ことを自ら創造し、自ら実行できる人になる。
4.<地域との共生>
今までとは一味違う、神戸工場が地域社会の"おもろい"存在になる。

伍魚福が目指している「神戸で一番おもしろい会社」ととてもよく似ています。
20160621kirin_kobe02.JPG講演後、工場見学ルートをご案内いただきました。
ホップを割って見せていただいたり、麦芽の試食をさせてもらったり。
麦芽でおつまみができるかもしれません。

その後、工場内の幹部の皆さんとビアレストランで会食。
47都道府県の「⚪︎⚪︎づくり」へのこだわりを聞き、すべてを飲んでみたくなりました(笑)。
20160621kirin_kobe03.JPG神戸工場は無料で見学ができます(要予約)。

工場見学の際には、売店のご利用もお願い致します!

本日のご縁に感謝です。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 23:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日

京都鉄道博物館(内覧会)

20160419kyoto00.jpg本日は京都鉄道博物館の内覧会に参加させていただきました。

来る2016年4月29日にグランドオープン(正式開業)するのですが、内覧会はスタッフの練習を兼ねているそうです。
20160419kyoto01.JPG京都駅から市バスに乗って約10分。
梅小路公園前から3分ほど歩いたところにあります。

2014年4月6日に閉館した交通科学博物館(大阪環状線弁天町駅高架下)の収蔵物の一部を移設、2015年8月30日に閉館した梅小路蒸気機関車館を拡張して建設されました。
20160419kyoto03.JPG関係者向けの内覧会ですので、スーツ姿の男性が多かったです。
鉄道資材に携わる方も多いようで、展示物を同行者に詳しく説明する方もおられます。
大きなカメラをぶら下げた方も。

日本の鉄道が発展してきた歴史がよくわかります。
たくさんの企業が携わり、たくさんの技術革新も経て現在の姿になっています。
日本が世界に誇れるもののひとつですね。
20160419kyoto.jpgオープン時に展示される車両は、53両。
0系、100系、500系の新幹線、D51、C62等の蒸気機関車・・・。
電気機関車やディーゼル機関車の下にも通路が設けられており、普段は見ることのできない角度からも観察ができます。

SLスチーム号(C62)に乗ることもできます。
実際に動いている蒸気機関車には初めて乗りました。
石炭の煙の匂いも初体験。
20160419kyoto04.JPG
ウェブサイトには2時間くらいで見て回れます、と書いてありましたが、じっくりと見ようと思うと丸一日かかりそうです。

中にはレストランもあり、鉄道ファンの子供さんが喜びそうなメニューも。
本日は内覧会なので、レストランは営業していません(残念)。
20160419kyoto08.JPG正式オープン後は大変な混雑が予想されています。

京都という場所柄、海外からの訪問者も多いかもしれませんね。
関西の新名所。
たくさんの方に見ていただきたいものです。
20160419kyoto09.JPG


20160419kyoto10.JPG

20160419kyoto11.JPG


20160419kyoto12.JPG


20160419kyoto13.JPG


20160419kyoto14.JPG


20160419kyoto15.JPG


20160419kyoto16.JPG


20160419kyoto17.JPG


投稿者 山中 勧 : 20:54 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日

スーパーマーケットトレードショー2016(東京ビッグサイト)

20160210smts06.JPG 本日2月12日まで、東京ビッグサイトで開催された「スーパーマーケットトレードショー2016」に出展しました。

伍魚福は2000年から出展し、今回が17回目となります。
実は昨年、インフルエンザにかかってしまい参加できませんでした。
というわけで、私には丸2年ぶりのトレードショーです。
20160210smts01.JPG今年のチルド珍味のテーマは「週末のごほうび」。
週末には、ちょっと贅沢なおつまみで「家飲み」を、という提案です。
昨年末にカンブリア宮殿で取り上げられた商品も、重点的にディスプレイ。

会期中、たくさんの方にお立ち寄りいただきました。
20160210smts02.JPG「カンブリア宮殿見たよ」
「この黒いの(備長炭カシューナッツ)食べてみたかった」
「これ(一夜干焼いか)、生のイカから作ってるんでしょ」
「あ、社長さんだ」(笑)

などの声をたくさんいただきました。
20160210smts03.JPG一般の方の視聴率以上に、仕事をされている方の視聴率が高いのではないかと感じました。

たくさんのお得意先の方ともご挨拶ができました。
多くの協力工場の皆さんにも来訪いただきました。
中には、新しい工場候補の方も。

伍魚福のビジネスモデルの基盤ともいえる、とても貴重な機会です。
20160210smts04.JPG展示会が終了した、これからが我々にとっては正念場です。

設営、運営に関わったチームメンバー、来訪頂いた全ての皆さんに感謝。
ありがとうございました!
20160210smts05.JPG


20160210smts07.JPG


20160210smts08.JPG


20160210smts09.JPG


投稿者 山中 勧 : 20:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日

新年のご挨拶2016

20160101nengajo.jpg謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は、大変お世話になりありがとうございました。

特に、12月17日の「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)の放送以後、一部商品に注文が殺到し、長期の欠品をする事態となり、お得意先の皆さまには大変なご迷惑をおかけしております。深くお詫びを申し上げます。
また、通信販売をご利用の消費者の皆さまには、ご注文が殺到したため納期が遅くなる、通信販売の在庫が切れる等、ご不便をおかけしております。
こちらにつきましても、重ねてお詫びを申し上げます。

放送後の混乱はまだ続いておりますが、1日も早い正常化に向けてTEAM GOGYOFUKUメンバー全員で努力を続けてまいります。
引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。

本年度、伍魚福は消費者の皆さまに向けての売場作りのテーマを「週末のごほうび」と定めました。週末には良いお酒と良いおつまみをという生活スタイルを提案し、お客さま一人ひとりの人生に新しい体験(「驚き」と「楽しさ」)を提供できる、そんな売場、商品をお得意先の皆さんとともに作り上げていきたいと考えています。

また、売れる売場は、売れる単品から、という考え方の基本に立ち戻り、商品改良、売場での食べ方提案など、消費者の皆さま向けの提案をさらに強化いたします。

今年も変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2016年1月1日

株式会社伍魚福

代表取締役社長 山中勧


投稿者 山中 勧 : 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日

伍魚福取扱店のご案内(facebookでもお問い合わせください)

20151222facebook.jpgカンブリア宮殿の放送から4日目。
お近くの「伍魚福取扱店を知りたい」というお問い合わせをたくさんいただいております。
みなさん本当にありがとうございます。

伍魚福の公式facebookページ(写真)でもお問い合わせを受け付けております。
お電話でのお問い合わせよりも、素早く、たくさんのお店をご案内できます。

★ご希望の地域
★ご希望の商品

を明記の上、facebookページにコメントかメッセージをいただけますと、facebookページの管理人よりお返事させていただきます。

info@gogyofuku.co.jp
宛のメールでも結構です。

※実際に店頭に在庫があるかどうかは、お店へ直接お問い合わせいただくこととなります。

たくさんのお問い合わせをお待ちしております。


投稿者 山中 勧 : 15:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日

「カンブリア宮殿」放送後の対応について(お礼とお詫び)

20151219EC_owabi.jpg12月17日の「カンブリア宮殿」の放送後、伍魚福へたくさんのご注文、お問合わせをいただいております。

阪神百貨店梅田本店の直営店「KOBE 伍魚福 阪神梅田店」にも多数の方にご来店いただいております。

さらに、伍魚福商品をお取り扱いいただいている小売店さまにおきましても、多数のお客様にご利用いただいているようです。

皆さん、本当にありがとうございます。

予想をはるかに超える反響があり、一部商品が欠品したり、納期が遅くなったりとお客様のご期待に添えない状態となっております。

詳細は以下の通りです。
ご迷惑をおかけすること、誠に申し訳なく、深くお詫びを申し上げます。
TEAM GOGYOFUKUメンバー全員で1日でも早く商品をお届けできるよう、頑張っているところです。
何とぞ、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【通信販売をご利用のお客様へ】
伍魚福オンラインショップ、伍魚福楽天店、Amazon店、Yahoo店、お電話での通信販売、それぞれ一部を除き、年内に発送可能な数量、件数を超えてしまいました。
現在(12月19日15時現在)ご注文をいただきましても、発送は来年1月13日以降となってしまいます。
お急ぎのところ、誠に申し訳ございません。
最新の納期、在庫状況などは、伍魚福オンラインショップでご確認ください。

http://gogyofuku.com


【KOBE 伍魚福 阪神梅田店をご利用のお客様へ】
毎日多めに商品を補充しておりますが、放送で取り上げられた商品を中心に、一部商品が品切れしております。
また、商品をご覧いただき、精算させていただくまでかなりのお時間、お待ち頂くことが予想されます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。


【伍魚福取り扱い小売店をご利用のお客様へ】
小売店さまの店頭におきましても、一部商品が品切れしています。
小売店さまへの供給は通常どおり行っておりますが、放送で取り上げられた商品を中心に弊社の在庫を切らしているものがございます
このため、お店に商品が届くまで、少しお時間を頂くことがございます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


投稿者 山中 勧 : 15:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日

珍味の自動販売機・名鉄名古屋駅

20150903nagoya_jihanki01.JPG本日は名古屋出張でした。

少し早めに着いて、名鉄名古屋駅上りホームへ。
6月8日より「一杯の珍極」自動販売機が期間限定(10月31日まで)で設置されているのです。

どれが上りホームなのかわからず(笑)、少し探しましたが、ありました。
伍魚福の「一杯の珍極」シリーズ15種類が販売されています。

なかなかカッコイイ自販機です。
伍魚福の村田チーフデザイナーの作品でもあります。
20150903nagoya_jihanki02.JPG担当者からの報告によると、まずまず売れているとのことでした。
私もこれから会う方のために少しサクラで購入(笑)。

名駅経済新聞というウェブニュースにも掲載されています。

10月31日までの期間限定です。
名古屋駅をご利用の皆さま、是非お立ち寄り下さい!
20150903nagoya_jihanki03.JPG


投稿者 山中 勧 : 18:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日

KOBE伍魚福阪神梅田店・移転リニューアルオープン

20150117hanshinumeda01.jpg伍魚福の本社は「神戸市長田区野田町8丁目」にあります。

1995年1月17日、阪神・淡路大震災。

建物に被害はあったものの、震災の1週間後から出荷を再開することができました。
支えて頂いたお客様、関係者の皆さんのおかげで今日も仕事ができることに感謝をしたいと思います。
20150117hanshinumeda02.jpgさて、2013年3月15日にオープンした大阪梅田の「KOBE 伍魚福 阪神梅田店」。
震災20年目の今日、移転リニューアルオープンを迎えました。

一昨年のオープン以来、固定客の方も増え、いろんなお声を聞かせていただける貴重なお店になっています。
20150117hanshin_map.jpg
今回の移転は、阪神百貨店梅田本店の建て替え工事に伴うものです。

以前よりも若干狭くなりましたが、広い通路沿いですので、見つけていただきやすくなりました。

西梅田方面と御堂筋線梅田駅とを結ぶライン上にあります。
20150117hanshinumeda03.jpg本日から、オープンを記念して、5,400円以上お買い上げのお客様で、簡単なクイズにお答え頂き、正解された方先着20名に「箱入りからすみ」をプレゼントしています(1月17日11時現在で残り17名、)。

さらに2,000円以上お買い上げの方先着100名に「珍味でおつかれさま」ボールペン(三菱鉛筆ジェットストリーム)をプレゼント。

かなりレアなアイテムですので、お早めに。
20150117hanshinumeda04.jpg以前よりもドライ珍味の売場が狭くなってしまいましたが、「フック」を使用して、見やすく、選びやすい売場になったのではないかと思います。

これからもたくさんの方との出会いを楽しみにしています。

大阪駅周辺にお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。
お待ちしております。
20150117hanshinumeda05.jpg


投稿者 山中 勧 : 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日

JR新神戸駅「くぎ煮フェア2014」スタート(31日まで)

20140320shinkobe01.JPGJR新神戸駅「アントレマルシェ」にて毎年恒例の「いかなごのくぎ煮フェア2014」がスタートしました。
今年は、本日3月20日から3月31日までの開催です。

今年のいかなご漁の解禁は2月28日。例年よりも少し遅い解禁です。
いかなごのサイズは最初から少し大きめでした。
この数年の不漁に比べると少し状況が良いようです。

3月8日に開催された「いかなごのくぎ煮コンテスト」で「伍魚福賞」に選ばれたのは、神戸市長田区の吉原理恵さんの作品です。
20140320shinkobe03.JPG吉原さんのくぎ煮は、醤油のうちの25%がたまり醤油というレシピです。

応募時のレシピは次の通りです。

いかなご 1kg
たまり醤油 50cc
濃口醤油 150cc
ザラメ 260g
酒 50cc
みりん 150cc
しょうが 25g
「子供から大人まで食べられるように、甘めに炊いています。つや良くと明るめの色に炊けるように努力しています」とのこと。

吉原さんのレシピを参考にした限定商品もこちらで販売します。
20140320shinkobe02.JPG今年は、コンテストのくぎ煮以外にも、限定商品があります。

神戸のナッツの名門企業「東洋ナッツ食品」さんのアーモンドを使った「さかなっつくぎ煮」です。
東洋ナッツさんは日本で初めて世界のナッツを商品化した企業です。

兵庫県珍味商工協同組合にも加盟されており、同社の中島社長とは旧知の関係です。
昨年、担当の方がコトPOP研修で伍魚福に来られたご縁で発案され、今回のコラボが実現しました。
東洋ナッツさんが毎年開催されている「アーモンドフェスティバル」(今年は明日3月21日~22日)。このイベントで販売する限定商品として、「くるみ入り」「カシューナッツ入り」「アーモンド入り」の3種類炊きました。

伍魚福では、このうち「さかなっつくぎ煮アーモンド入り」を新神戸駅とオンラインショップで販売させていただきます。

オンラインショップの限定商品コーナーはこちらです。
東洋ナッツさんとのご縁に感謝です。

神戸の春の風物詩「いかなごのくぎ煮」。
たくさんの方に味を知っていただきたいですね。
新神戸駅をご利用の際は是非お立ち寄り下さい。


投稿者 山中 勧 : 20:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日

facebookで公式「伍魚福ウォッチャー認定制度」発足

20131202gogyofuku_watcher01.jpg友人・知人の方が、伍魚福商品を売場で発見し、facebookやメールで報告いただくことがあります。

自分では全てのお得意先様の売場を見て回ることができませんのでとてもありがたく思っています。
12月2日、経営品質の勉強会でお世話になっている川崎剛史さんからもある売場について報告をいただいたときのやりとりから、公式「伍魚福ウォッチャー」の認定制度ができました。

現時点では、認定番号0004号まで発行されています。

もし欲しい方がいらっしゃいましたら、伍魚福の売場を発見して、自分のfacebook上のウォールに報告いただき、伍魚福Facebookページ宛のメッセージ等で「認定書が欲しい」、と意思表明下さい。
20131229gogyofuku_watcher02.jpg※最初に作った認定証の枠の部分が再現できず、12月29日に新バージョンになりました。

伍魚福のfacebookページはこちらです。「いいね!」もよろしくお願いします。


投稿者 山中 勧 : 20:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日

2013年11月度全体会議、TG研修

20131108tg_kenshu.JPGTG研修で説明する関係長です。

本日は全体会議。

冒頭、私から10月の報告。

その後、自創経営の学びの中で私の最も感銘を受けた話を久しぶりに。

「自分で主体的にやる姿勢をつくろう」という話です。
長文ですが引用します。

「自分で主体的にやる姿勢をつくろう」

■自分でやらぬと始まらない
脳力開発そのものを進めるには「自分のことは自分でやろうとする姿勢」が絶対的な土台です。ともかく自分がその気にならないことには何も始まりません。これは他のいかなる物事においても同様です。この土台の上でこそはじめて他人の行動や言うことが参考として大いに生きてくるわけです。ですからまず、どうしてもこの土台の習慣づくりを進めなくてはならないのです。この姿勢づくりを説明するために、ある中堅会社のE課長さんの例を検討してみましょう。

■E課長の例
Eさんは上司の部長から「君の課はどうも事務処理が全般にルーズで遅いぞ」と言われたのだそうです。それでE課長としては、課の部下たちに「うちの課では事務処理のやり方の能率が全般に悪い。一人一人がよく自覚して、もっとうまく、はやく、的確にやれるようにいつも工夫を重ねてもらいたい」という意味の説教を、表現は多少工夫しながら何回もうるさく言っているのだそうです。しかしさっぱり変化が出てこないらしいのです。Eさんは「うちの課の連中ときたら、みんな駄目なんだ。出来の悪い連中でね、いくら言ってもさっぱりわかってくれないし、いっこうに進歩がない。その癖、文句ばかり一人前に言う。こういう部下ばかりもったんじゃおれの出世も先が暗いよ」そう言って嘆いていました。この同じ課の平社員であるUさんは「時々、自分だって自信のもてる提案などしたりしてるんだけど私の上司の係長は頭がかたくてわかってくれないし、彼らは自分の保身しか頭にないんだ。ああいう上役をもつと惨めですよ」とグチをこぼしていました。

■実際の心構えは「あなただのみ」
これは小さな実話の断片なのですが、あなたのまわりにもよく見うけられる例だと思います。Eさんはすべての部下に対し大いに不満を感じ、そして陰で文句を言っています。ところが本心の姿勢としては、実はその部下の人達に頼っているのです。「君たちの方がおれの望むような結果に変わってくれないと、おれはいつも困るだけで将来だって暗いばかりだ。頼むから何とかしてくれよ。」と内心、もみ手で頼んでいるようなもので、これが彼の心の基本になっている「あなただのみ」(人頼り)の姿勢なのです。

■本心は、頼っている
自分の意識としては決してそうではないつもりかも知れませんが、実際の行動にあらわれている結果からするとそれがEさんの本心ということになります。Uさんはといえば、やはり係長をばかにしながら本心の姿勢としては相手の係長に頼っているのです。そして自分の望みどおりやってくれないと言って自分は惨めだと言っているわけです。

■脳の使い方は、人頼り
実は、EさんもUさんも自分ではっきり気がつかぬまま「人頼りの姿勢」が基本になっています。というのは、部下なり、係長なりがやってくれないと結局はそれでおしまいになってなにも先へ進まない。つまり、相手の方から変わってくれたりやってくれたりすることに頼ってばかりで、自分の方はなにも努力やたたかいをしない。そういう心構えが習慣になっているのです。自分では「そんなことはない。色々努力しているんだ」と言うでしょうが、うまくいかない原因をいつも相手の中に求めているのですから、脳の使い方の根本は「人頼り」になっていると言われても当然でしょう。もし、本当に頼ったり、当てにもしていないのなら、最初からそれを予定にいれた上でそのような計算と行動を組んでいくはずであるし、現実に前へ進めるために色々な手を実際にうつはずなのです。それが人間の脳であり、身体なのですから。自分として大して重要でないような、どうでもよいことならば別です。しかし、本当は自分にとって大事なことに対して精神的姿勢が「人頼り」になっていると何事もうまくいくはずがありません。

■「人頼りの姿勢」の特徴
この「人頼りの姿勢」の特徴は、この例にもあるように、必ず相手のせいにし、しかも相手をばかにします。そしてなんと、ばかにしているはずの当の相手に結局は流され、支配されていく結果が続くのです。その上、自分は必ずぐちと不平をたらたらと言うことになります。人頼りの姿勢だとどうしてもそういう形と結果になってしまうのですが、逆から言えば、そういう現象結果を頻繁に見せる人は必ず「人頼りの姿勢」にあると言えるわけです。

「うちの姑は最低なんだから」「女房が邪魔ばかりするもので」「上役が聞いてくれませんので」「経営者がダメなものだから」「政府が悪いんだ」「社会が腐敗しているから」だから駄目です、うまくできません、やれません。こうした考え方、言葉、行動はジャーナリズムや学者の「評論」の中にもしょっちゅう出てきます。これらは、みな「人頼りの姿勢」が具体的にあらわれたものにほかなりません。

※「脳力開発入門-基礎編-」株式会社脳力開発センターより引用

自分はそう思っていなくても、知らず知らずのうちに原因を相手に求め、「人頼み」になっていることがあります。
TEAM GOGYOFUKU行動指針の中にも「自分で主体的にやる姿勢を作るため・・・」というフレーズが入っている意味を良く考え、そうならないような習慣を作っていきたい。

そして、お客様にとっても「おもしろい」と感じていただける仕事をし、ご評価いただけるようにしなければなりません。

続いて、10月度のTEAM GOGYOFUKU MVPの表彰。

「ありがとうカード・接遇部門」
MVP:お客様繁盛係 佐藤文彦社員
推薦コメント:
【ありがとうカード】
新長田駅までの送迎とても助かりました。ありがとう!!
くぎ煮の生産系作業応援ありがとうございます。
研究所の陳列、手伝っていただきありがとうございます。とても助かりました。
いか研修の準備&本番、本当にありがとうございました。いい結果の陰にいい準備ありですね。
重たいチラシを、3Fまで持ってきてくれ、さらに、物流まで持っていってくれてありがとう!!とても助かりました!!
「いかを捌く研修」のリーダーお疲れ様です。講師として私達に教える為に、予習復習をし、事前準備から当日の対応まで、大変だったと思います。そのお陰で大変楽しく出来ました!ありがとうございます。
いかを捌く研修やコトPOP研修の対応をありがとうございました。体こわさないように気を付けてください。

「TG提報部門」
MVP:情報システムG リーダー 佐々木繁係長

おめでとうございます&ありがとうございます!

商品プレゼンをはさみ、TG研修。

内容:店舗紹介
講師:マーケティング本部 広域担当メンバー

店舗の写真を写しながら、お得意先の売場紹介。
冒頭の写真は、仙台の書店での事例です。

書店ですので間口一就さんの本も隣で販売。
本も良く売れたそうです。

営業以外のメンバーは、全国のお店を見る機会がありませんので、とても新鮮だったようです。

本日も企画、設営いただいた皆さん、参加いただいた全てのメンバーに感謝です。
ありがとうございました。
年末に向けて一丸となって頑張りましょう!


投稿者 山中 勧 : 20:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日

阪神甲子園球場「B-1グランプリ年間表彰式」

20131005koshien01.JPG阪神甲子園球場の担当繁盛係(営業)の児島豊社員です。

昨年から阪神甲子園球場のアサヒビールのキャストの方に「ピリ辛さきいか天」を販売していただいています。

その販売コンテスト「B-1グランプリ」の年間表彰式が本日、阪神甲子園球場の従業員食堂で開催されました。
1塁側アルプススタンド、ライト外野席など場所別に、ビール、チューハイ、ハイボール、黒ビールの種類別でそれぞれ表彰されます。
20131005koshien03.JPG伍魚福賞のトップの方は年間で「ピリ辛さきいか天」を526枚販売いただきました。
ありがとうございます&おめでとうございます!

毎日暑い中、重いビール樽を背負って販売。多い方で年間18,000杯以上販売されるそうです。
毎試合、約200名のキャストの方が販売に当たっておられます。

年間のMVP、新人賞など各賞が授与されました。
20131005koshien02.JPG伍魚福からの提供商品です。

今年の阪神タイガースは2位、12日からの対広島クライマックスシリーズでも販売いただきます。
キャストの皆さん、最後までよろしくお願いします。

日本シリーズも甲子園でやってほしいですね。
阪神タイガース頑張れ!


投稿者 山中 勧 : 18:41 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日

新日本スーパーマーケット協会全国大会「神戸大会」に出展

20130918smtaikai01.JPG一般社団法人新日本スーパーマーケット協会の第3回全国大会神戸大会、記念式典と講演会、懇親会が神戸ポートピアホテルで開催されました。

伍魚福は会員ではありませんが、2000年から「スーパーマーケットトレードショー」に出展している関係でのご縁もあり、「神戸の歴史と食文化」のコーナーに協賛、出展させていただきました。
20130918smtaikai04.JPG食品業界についての歴史年表が大きく飾られ、昭和30年に伍魚福の設立につい掲示いただきました。

今回の掲示のためにまとめたものが次の文章です。

当社は創業家である山中家が江戸時代より京都府南部、宇治田原町において営んでいた製茶業「山中碧翠園(へきすいえん)」を前身とします。
昭和10年代に現社長の祖父、山中正親が神戸でスルメの加工業を創業しましたが、戦争前後の混乱もあり倒産。昭和28年にその息子、直次郎(初代社長)、勉(現会長)兄弟で再創業、昭和30年4月1日に有限会社五魚福として設立したのが現在の伍魚福です。
当初、いか製品、魚介類の製造加工品の販売を中心としてきましたが、「酒の肴」としての味にこだわったドライ珍味の商品開発・品揃えにより酒販店への販路開発に成功、全国の有力酒類問屋と特約契約を結ぶことにより徐々に売上規模が拡大、昭和45年1月8日株式会社伍魚福に改組いたしました。
昭和46年には、いかなごの「くぎ煮」(登録商標)を商品化、牛肉の佃煮などとともに神戸の特産品として、国鉄(現JR)の三宮駅・新神戸駅、大阪国際空港(伊丹)、など各有名店で販売されるようになりました。
平成元年に開発したチルド珍味「酒の肴・全国津々浦々」シリーズは、水産製品、練製品、畜産製品、チーズ製品、など部門の垣根を越えた品揃えが好評を博し、全国の有力酒販店へ販路を拡大することができました。
平成12年には「スーパーマーケットトレードショー」に出展、スーパー業界への提案をスタート。現在では全国約4000店舗以上のスーパー・酒専門店で伍魚福のチルド珍味コーナーを設置いただいています。
平成25年3月には、阪神百貨店梅田本店に直営店を開設、売場作りのノウハウを蓄積し、既存のお得意先に更にお役に立つことを目指しています。
ターゲット顧客「酒と食に好奇心旺盛な方」のご期待に応えるため、常にチャレンジを行い、消費者に、またお得意先に喜んでいただける企業づくりをめざしています。

あらためてまとめる良い機会となりました。
20130918smtaikai02.JPG懇親会用のブースです。

早い時間から、「神戸の歴史と食文化」コーナーには、スーパー各社の経営者の皆さんが来られ、熱心にご覧になっていました。
試食ブースではさきいか天と一夜干焼いかの食べ比べをしていただきました。

私も伍魚福のお得意先を中心にたくさんの方にご挨拶と、普段お世話になっているお礼をさせていただくことができました。

記念講演は、流通科学大学の石井淳蔵学長です。
ジャズや歌のライブの後、懇親会。
20130918smtaikai03.JPG1000名を超えるお客様が全国から来られていました。
協会の正会員の小売業の皆さんに加え、メーカーや問屋など賛助会員もたくさんこられており、旧知の方も多数おられました。

協会の皆さんとのご縁に感謝。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 20:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日

イオン環境財団植樹祭(ジャカルタ)とマレーシア流通視察

20130825aeon01.JPGイオン環境財団(岡田卓也理事長)主催のインドネシア、ジャカルタでの植樹事業に参加しました。
私は、マックスバリュ西日本さんのツアー(64名)の一員としての参加です。

ジャカルタでの植樹は今年で3年目。
我々のツアーでは旅程第2日目、8月25日が植樹祭です。
ジャカルタの気温は32度位だそうで、日本よりも涼しい印象です。
20130825aeon02.JPG高速道路沿いの沼地にマングローブを植えます。
日本各地から約1150名、現地のNGO、高校生約500名、合計約1600名が参加し、24,000本のマングローブを植樹しました。

イオン環境財団は、1990年の設立以来、国内外で植樹活動を行っておられます。
20130825aeon03.JPG昨年植えたマングローブはこんな風に成長していました。
今後、どんな風に育っていくのか見てみたいですね。

現地の邦字紙「じゃかるた新聞」の記事によると、同じ8月25日午後には、イオンのインドネシア1号店の起工式が行われたそうです。

財団による植樹祭で現地との関係性を深め、出店をしていくという戦略ですね。
20130825aeon04.JPGジャカルタの日程を終えた後は、隣国マレーシアに移動。

マレーシアではイオングループで年商約1,500億円と、現地では第2位の売上規模だそうです。
首位は、香港系の企業。「ジャイアント」というスーパーを約150店展開されています。
イオングループは昨年秋、カルフールを買収し「イオンビッグマレーシア」として運営されています。
20130825aeon05.JPG旧カルフールの既存店は「イオンビッグ」に改装、日本流の人材活用や消費者目線での店作りにより、ほぼ全ての店が増収になっているそうです。

現地の方に説明を受けながら売場、バックヤードを視察。
まだ現地では卸売業が発達しておらず、注文しても納品率は70%程度だそうです。
欠品を見越して多めに発注するため、バックヤードには結構たくさんの在庫が置かれています。

マレーシアで業態を確立し、東南アジア各国へ展開する、という戦略。
今後どう展開されるか要注目です。

29日に帰国。
ご参加の皆さん、お疲れさまでした。
留守を守っていただいたTEAM GOGYOFUKUメンバーの皆さんに感謝。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 17:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日

JR西船橋駅・期間限定「おつまみ専門 KOBE 伍魚福」

20130726nishifuna04.JPG昨日7月25日から8月7日までの期間限定で、JR西船橋駅「モノコネクション」というスペースに「おつまみ専門 KOBE 伍魚福」をオープン致しました。

・場所:千葉県船橋市 JR西船橋駅構内(改札外、みどりの窓口横)
・営業時間:10:00~22:00(月~土)、21:00(日)
・期間:7月25日(木)~8月7日(水)
20130726nishifuna06.JPGJR東日本リテールネットさんのWEBにもご紹介いただきました。

売場のコンセプトは「ビールに合うおつまみ」、「家飲み、女子会をより楽しく!美味しく!」、「お父さんに元気になっていただく」という3点です。

いかなごの「くぎ煮」などの神戸の銘品シリーズも品揃えしています。
20130726nishifuna01.JPGJR東日本管内では初めての出店です。また、ドライ約60アイテム、チルド約30アイテムの品揃えは、関東での伍魚福最大規模でもあります。

私は本日東京日帰り出張、朝一番でお店に伺いました。

昨25日は予定の1.5倍以上の販売高だったそうで、「明石だこのやわらか旨炊き」、「ちりめん山椒」など一部の商品は「完売」してしまいました。
20130726nishifuna02.JPG昨日の売上のデータを見せてもらいました。

第1位 一夜干焼いか
第2位 ピリ辛さきいか天マヨネーズ風味
第3位 ピリ辛さきいか天
第4位 神戸ナッツキャラメリぜ
第5位 ピリ辛チーズ天

20130726nishifuna07.JPGピリ辛さきいか天のマヨネーズ風味(期間限定)が通常品を抜いて2位。

20130726nishifuna05.JPG神戸ナッツキャラメリゼが4位というのはなかなかの健闘だと思います。

20130726nishifuna03.JPG西船橋駅はJR、地下鉄などの乗換駅ということで、通勤のお客様がとても多いそうです。

2週間の期間限定ですが、たくさんの方に知っていただきたいですね。

事前打ち合わせから売場作り、販売応援までしていただいている、JR東日本リテールネットのスタッフの方に感謝です。

また、販促物作り、陳列、販売に頑張ってくれている全てのTEAM GOGYOFUKUメンバーにも感謝。
ありがとうございます!


投稿者 山中 勧 : 23:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日

JR新神戸駅「くぎ煮フェア2013」スタート(24日まで)

20130320kuginifair01.JPG本日3月20日から24日までJR新神戸駅で「くぎ煮フェア2013」を開催しています。
毎日11時から19時まで、新神戸駅の「アントレマルシェ」前の通路に特設ワゴンを設置して試食販売をさせていただきます。

今年のいかなご漁の解禁は2月23日。
例年の3分の1位の漁獲高で、今年は生のいかなごの価格も高騰。
#商売的にはちょっと大変です・・・(汗)。
20130320kuginifair02.JPG3月10日に開催された神戸・新長田の「第11回いかなごのくぎ煮コンテスト」。
そこでプロの選んだNo.1「伍魚福賞」を受賞したのが前田雅子さん(神戸市長田区在住)です。
そのレシピを元にして炊いた商品も販売しています。
前田雅子さんはなんと「伍魚福賞」2回目(前回は第8回)の受賞です。おめでとうございます!

伍魚福の「くぎ煮」は千切りのしょうがを使うのですが、前田さんのレシピはみじん切り。
1kgあたりしょうがを200gも入れてありますので、しょうががとても良く効いています。
20130320kuginifair04.JPGパッケージには前田さんの似顔絵が入っています。

新神戸駅等で限定数量を販売させていただきます。
「生姜多め」バージョン、是非ご賞味下さい。
20130320kuginifair03.JPGもちろん伍魚福自信の「くぎ煮」、山椒入のくぎ煮「有馬煮」、くるみ入の「くるみくぎ煮」の3種類も全て新物です。
今回のフェアには、4月に入社予定の新入社員の皆さんもアルバイトに来ていただいています。
たくさんの方に「くぎ煮」を味わっていただきたいです。

こちらの特設コーナー以外でも、3月いっぱい、「くぎ煮」の試食販売を実施していますので、皆さん是非お立ち寄り下さい。
20130320kuginifair05.JPG最後は、おまけ?

神戸市営地下鉄新神戸駅ホームの看板です。
こちらは「くぎ煮」バージョン。
他にも5種類、合計6種類の看板があります。

地下鉄ご利用の際は是非ご覧下さい。


投稿者 山中 勧 : 12:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日

朝日放送(ABCテレビ)のニュース番組「キャスト」に登場

20130218cast.JPG2月21日にABCテレビ(朝日放送)「キャスト」に取り上げていただきました。
この写真は18日の取材の様子です。真ん中に写っているのが来社いただいた塚本麻里衣アナウンサーです。

番組自体は16時50分~18時54分の放送ですが、伍魚福は17時半頃に登場。

今回は、「〇〇が気になる!」というテーマでさまざまな現象や問題を調査する「アレ・キニナール?」というコーナーで、当社の「コトPOP」に関する取組みについて紹介いただきました。

実際にコトPOPを作成している様子や、お得意先様(JR新神戸駅アントレマルシェ)の売場やインタビュー(JR西日本デイリーサービスネット、神戸統括部田中部長)も放映されました。

放映地域は、近畿広域圏(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)。
取材いただいた朝日放送のスタッフの皆さん、撮影に協力いただきましたJR西日本デイリーサービスネットの皆さんに感謝。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 22:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日

関西テレビ「スーパーニュースアンカー」に登場

20121114kansaitv01.JPG取材を受けているマーケティングチームの定浪健太リーダーです。
本日16時48分から放送された関西テレビ(近畿2府4県)「スーパーニュースアンカー」の「木曜企画」(17時20分ごろから)で伍魚福のコトPOPの取組みを取り上げていただきました。
関西テレビの人気アナウンサー山本浩之さんがキャスターを務めるニュース番組です。

「キャッチコピー特集」ということで、過去の有名キャッチコピーのランキング、イナバ物置の「100人乗っても大丈夫」の効果(なんと年商が倍に)の紹介の後のVTRです。

街のおもしろキャッチコピーの紹介の後、伍魚福の取組みについて。
20121114kansaitv02.JPG私のインタビューでは、伍魚福がなぜコトPOPの取組みをしているのかの説明。
定浪リーダーからはコトPOPの中のキャッチコピーの意図について。

伍魚福のお世話になっている名神高速道路の吹田サービスエリアの店長の談話も。
こちらのお店で定浪リーダーが講師を務めて「コトPOP研修」を実施したことの紹介。

「木曜企画」の最後は、山本アナウンサーとコメンテーターの宮崎哲弥さん、金村義明さんについて伍魚福が作ったキャッチコピー付コトPOPの紹介です。
20121114kansaitv03.JPGこちらがその生原稿です。
ディレクターからそういう依頼があり、急遽作成したものです。
通常のコトPOPだと、キャッチコピーの下にもう少し詳しく説明するためのリードコピーを書くのですが、今回は特集の趣旨に合わせてキャッチコピーだけの作品となりました。

山本アナウンサーと宮崎さんには喜んでいただけたようですが、金村さんからは「微妙」とのコメントが。
コメントのウケる確率が少し低すぎたかもしれませんね(笑)。

お世話になりました関西テレビの小藪ディレクターはじめとするスタッフの皆さん、番組アンカーマンの山本浩之アナウンサー、コメンテーターの宮崎哲弥さん、金村義明さん、キャスターの岡安譲・村西利恵両アナウンサー、取材協力いただいた吹田サービスエリアの皆さん、取材対応してくれた伍魚福の全てのメンバーに感謝です。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 20:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日

高校野球とさきいか天と甲子園歴史館

20120818koshien01.JPG本日午後から阪神甲子園球場へ。
4月にも書きましたが、今年から甲子園球場のアサヒビールの生ビール、チューハイ、ハイボールを販売しているキャストの方に伍魚福の「ピリ辛さきいか天」を販売いただいています。

おかげさまでよく売れています。
キャストの皆さん、毎日暑い中ありがとうございます!
プロ野球よりももっと熱い夏の高校野球でも販売いただいているということで、本日は次男と二人でさきいか天の応援に。
ところが阪神三宮駅では「満員で入場できません」との告知が(汗)。
少し早く昼食を取り、時間調整。第二試合の「大阪桐蔭」対「済々黌」終了後の入れ替えでなんとか入場。
ライト外野席の最上段、照明のふもとの少し影になったところに席を確保することができました。
20120818koshien02.jpg「明徳義塾」対「新潟明訓」。どちらも優勝目指して頑張れ!
この写真が「深紅の大優勝旗」です。

さっそく生ビールとさきいか天でスタート。
2杯目はチューハイ(巨峰味)とさきいか天。
3杯目が写真の日本盛「虎の神撃」とさきいか天。

通路から遠い真ん中の席でしたので、これらの購入は全て隣の皆さんに協力いただいてのリレーでした。よく飲むなーと思われたことと思いますが、ご協力に感謝。
さきいか天も覚えていただけたかも。

少し雨がぱらついていたのですが、明徳義塾が4点をリードしていたところで突然試合中断。
雷が近づいているとのことでした。
雷が鳴りはじめ、暗くなってきました。避難を兼ねて、「甲子園歴史館」へ。
先ほどの優勝旗は歴史館に展示されていたものです。
20120818koshien03.JPG阪神タイガースコーナーから見学。
優勝のペナントや、選手・監督のユニフォームなど。
館内は写真撮影OKです。
私の世代はやっぱり「バース、掛布、岡田」です。
1985年のバックスクリーン3連発は伝説になっています。この年の神宮球場での胴上げは私も目の前で見ました。
とにかく懐かしい映像や展示の数々。
20120818koshien04.JPGこれまた懐かしい、手書きの看板。
もちろん王、長嶋の看板も。
息子よりも私のほうが喜んでしまいました(笑)。

高校野球のコーナーでは、有名校のユニフォームや、歴代出場校の名前を印刷したボール。
大学のアメリカンフットボールの「甲子園ボウル」のコーナーには、母校のアメフト部のユニフォームもありました。
20120818koshien06.JPG外に出ると雨も小降りになっており、無事帰ることができました。

帰宅すると2時間の中断を経て試合も再開、ちょうど明徳義塾が勝ったところでした。
選手の皆さん、応援の皆さん、運営している関係者の皆さん、そしてさきいか天を販売いただいているキャストの皆さん、長時間お疲れさまでした。

明日以降もよろしくお願いします。


投稿者 山中 勧 : 20:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日

イオン環境財団植樹祭(ジャカルタ)とJKT48

20120715aeon01.JPGイオン環境財団(岡田卓也理事長)主催のインドネシア、ジャカルタでの植樹事業に参加しました。
私は、マックスバリュ西日本さんのツアー(58名)の一員としての参加です。
ジャカルタでの植樹は今年で2年目。
高速道路沿いの沼地にマングローブを植える活動です。日本各地から約1300名、現地のNGO、高校生約700名、合計約2000名が25,000本のマングローブを植樹しました。

イオン環境財団は、1990年の設立以来、国内外で植樹活動を行っており、今回で植樹そう本数は974万本に達するそうです。
イオングループのお店に「木を植えています」とあるのは、この活動によるものなのです。
20120715aeon03.JPGどろどろの沼地なので、落ちると胸までつかります。
事前に枠を組んで、竹で足場を組んでいただいています。
足場を確認しながら、慎重に前に進みます。でも靴はどろどろ。
手もどろどろにしながら、マングローブの苗木を植え、紐で支えに結びます。
私の植樹グループは40A。私は10数本を植えました。
植えた直後の状態がこの写真です。
20120715aeon02.JPG昨年植えた場所がこちらです。
1年でかなり大きくなります。
今後どう成長するのか、楽しみですね。

同行のマックスバリュ西日本の岩本社長をはじめ、取引関係の企業の皆さんとも語り合うことができ、大変有意義な出張となりました。
参加企業は、酒類メーカーの方、クリーニング業の方、問屋業の方、様々な食品のメーカー、店舗の外装、店舗の什器のメーカーなど、多岐にわたります。

移動の飛行機やバスの中などで、かなり濃い情報交換をさせていただくことができました。
20120715aeon04.JPG開会式の特別ゲストはJKT48。
秋元康氏プロデュースのAKB48の姉妹ユニットだそうです。
ジャカルタでも人気があるそうで、参加した高校生達からは大歓声が。
私の場所からは遠くて、よく見えませんでした。
ヘビーローテーションなど、聞き覚えのある曲も。日本語での上手な挨拶には驚きました。
AKB48のビジネスモデル、その仕組み自体が日本の「グッドデザイン賞大賞」を受賞したことからも伺えますが、ジャカルタでも展開できるとはすごいことだと思います。

伍魚福のチルド珍味コーナーも「4尺5段」とか「3尺5段」というユニットでご提案しますので、ユニット提案という意味ではAKB48と同じです。
AKB48の「総選挙」にあたるのが店頭での販売データ。
定期的に新メンバー投入、季節やイベントごとに別ユニットを立てるのも同じです。

伍魚福はまだまだ日本で頑張ります。

ご参加の皆さん、設営いただいたイオングループの皆さまに感謝。
留守中、会社を守ってくれたTEAM GOGYOFUKUメンバーにも感謝。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 12:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日

ピリ辛さきいか天・甲子園デビュー!!

20120418koshien01.JPG阪神甲子園球場です。
本日のヤクルトスワローズ戦から、伍魚福の「ピリ辛さきいか天」が甲子園デビュー!
という訳で、さきいか天と阪神タイガースの応援に来ました。

ライト外野指定席40段238、1,900円でチケット購入。
入場したときには2-1で阪神が勝ってました。

早速近くにいたアサヒビールさんのキャストの方を呼び止めて、生ビールとさきいか天を注文。合計900円也。
思わず「私、この会社のものです」とご挨拶したところ、明るく「名刺下さい!」と言われ、実は社長です・・・とご挨拶。
周りの方にも聞こえていたようで(笑)、「社長、シャッター押しますわ」の声に甘えて写真を撮っていただきました。
キャストの方にはブログ掲載の許可を快く頂きました。
キャストの畑さん、ありがとうございます!!
アサヒビール(生)のキャストの方は肩ひもにカラビナ(大きなクリップみたいなもの)で「さきいか天」をつけて、チューハイのキャストの方は持っている箱?の前に「さきいか天」を入れて、それぞれ販売いただいています。
20120418koshien02.JPG近くの方とも意気投合。
さきいか天もお買い上げ頂きました。
ありがとうございます!

隣に社長がいるということで、mixiやFacebookにも書いていただいたり。
私はとりあえずビール3杯とチューハイ1杯(グレープフルーツ)、ピリ辛さきいか天3袋(笑)。
かなりいい調子になりました。

試合は残念ながら、3-2で負けてしまいました・・・。
誠に残念。六甲おろし歌う気満々だったのですが。

最後、一緒に記念撮影。
ブログ掲載の許可も頂きました。
ドラタンキさんとtakaさん(mixiのニックネーム)です。
マイミク(mixiでの友達)にもなっていただきました!

本日の出会いに感謝。
さきいか天を売っていただいているキャストの皆さんにも感謝。
ありがとうございました!


投稿者 山中 勧 : 22:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日

JR新神戸駅「くぎ煮フェア」スタート(20日まで)

20120316kugini_fair01.JPG本日16日から20日まで、毎年恒例となった「くぎ煮フェア」がJR新神戸駅で開催されます。

伍魚福が事務局をつとめる「いかなごのくぎ煮振興協会」の主催です。
毎年春、新物の時期に開催、春の風物詩「いかなごのくぎ煮」をPRするために毎年開催しています。


20120316kugini_fair04.JPG3月10日に開催された「第10回いかなごのくぎ煮コンテスト」の「伍魚福賞」に輝いた、神戸市兵庫区在住の桑野明美さんのレシピを参考に炊き上げた商品も本日から販売です。

今回は「伍魚福賞」初の赤唐辛子入り。
ピリッと辛いくぎ煮に仕上がりました。

試食提供の反応も上々です。

たくさんの方に食べていただきたいです。
是非皆さんお立ち寄りください。


投稿者 山中 勧 : 20:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日

KOBE de 清盛2012(歴史館・ドラマ館)

20120205kiyomori01.JPG神戸市民として一度は見ておかねば説明できない・・・。
ということで、本日は家内と下の息子の瞭(小2)の3名でKOBE de 清盛・歴史館とドラマ館を見てきました。入場券は2館セットで大人700円。兵庫県内の小中学生は「のびのびパスポート」か「ココロンカード」を提示すれば無料で入れます。

まずはこちら、「歴史館」。
神戸市営地下鉄海岸線「中央市場前」駅からすぐのところにあります。

日曜日ということもあり、会場の隣では神戸市のPRチームの「神戸・清盛隊」、ゲストの高知「土佐おもてなし勤王党」がイベントをやっていました。
20120205kiyomori02.JPGチケットを購入し、入場。

なぎなたと兜の重さ体験コーナーです。
なぎなたが3kg、兜が4kgあります。
他にも十二単の10kgも体験できます。

清盛についてのアニメーション作品の上映、神戸市内の遺跡から発掘された、清盛の時代の茶碗や瓦などの展示も。

園田学園女子大学の田辺眞人名誉教授が解説するビデオでは、我々も知らなかった数々のゆかりの地が紹介されています。
勉強になりました。

会場を出たところにはお土産コーナーがあります。
伍魚福も加盟している兵庫県物産協会の「ひょうごふるさと館」さんも出展されており、いかなごの「くぎ煮」ほか、伍魚福のおつまみ、お土産も販売いただいています。
20120205kiyomori03.JPG地下鉄海岸線でハーバーランドへ移動し、「ドラマ館」へ。
こちらはNHKの大河ドラマ「平清盛」で使われた衣装などが展示されています。

ドラマの登場人物一覧、ストーリー(まだ前編だけ)、清盛が作ろうとした「福原京」についての説明ビデオ、福原京をCGで再現した映像なども見ることができます。

神戸に半年とはいえ、首都が置かれていたということに改めて驚きを感じます。
平清盛のおかげで今の神戸、神戸港もあるのかもしれません。
20120205kiyomori04.JPG主演の松山ケンイチさんの蝋人形も展示されており、ここでは写真を撮ることもできます。

近くで見るとものすごくリアルにできています。

ドラマも3回放映され、徐々に盛り上がりつつあります。
そのせいか、両館ともまずまずの賑わいでした。

知らなかった歴史ゆかりの地、福原京のことなども知ることができ、おもしろく見ることができました。

来年、2013年1月14日までの期間限定で開館しています。
20120205tadanori02.JPG伍魚福の本社ビルの玄関左側には平清盛の末弟、平忠度(たいらのただのり)の胴塚があります。

伍魚福へこられる際は是非こちらにもお立ち寄りください。

たくさんの方に神戸に来ていただきたいですね。
お待ちしております。


投稿者 山中 勧 : 17:54 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日

もっとおもしろい売場で日本を元気に!

20120101museum.jpg謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

今年は幸多き年にしたいですね。

今年の伍魚福のスローガンは「もっとおもしろい売場で日本を元気に!」です。

震災後、商品をきちんとお届けするのが一番の社会貢献と位置付けて仕事をしてきました。

福島県いわき市のお酒屋さんから、震災後伍魚福商品が一番に入ってきたとお礼を言っていただきました。
福島県の一般の方には救援物資でお送りした「くぎ煮」を気に入っていただき、通販のご注文をいただきました。
宮城県塩釜市のお得意先様からは、商品がとどいたが周りがまだがれきの山で支払いが遅れますとのご連絡をいただきました。
お客様とつながっているということを強く感じた一年でした。

「おもしろい売り場だね」と売場で足をとめていただきたい。
そして、お買い上げいただいた伍魚福の商品で「家飲み」をしていただき、家族の絆、友人との絆、同僚との絆、ご近所との絆、さまざまな絆を深めていただきたい。
絆を深めていただいて元気になってもらいたい。その元気が集まって、地域が元気になり、社会が元気になり、日本も元気になる。
伍魚福の商品の役割はそこにあると考え、日々きちんと商品をお届けする。

そう考えて今年のスローガンは「もっとおもしろい売場で日本を元気に!」とさせていただきました。
冒頭の写真は、広報誌「GOGYOFUKU MUSEUM」の1月号です。
内容はWEBでもご覧いただけます。

今年も、おもしろい売場、おもしろい商品で一人ひとりのお客様に喜んでいただけるようにしたいと思います。
そのためにTEAM GOGYOFUKUメンバー全員で努力を続けます。

今年も一年間よろしくお願い致します。


投稿者 山中 勧 : 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日

ジャカルタで植樹ボランティア

20110710jakarta03.JPGインドネシアの首都、ジャカルタに来ています。
公益財団法人イオン環境財団が主催されているものですが、私もこれに参加しています。
財団からのリリースから抜粋します。

-------------------------以下引用------------------------

マングローブを植え、洪水から人々を守ろう
「ジャカルタ植樹」をスタートします

公益財団法人イオン環境財団(理事長:岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役)は、7月10日(日)インドネシアの首都ジャカルタ北部のセドヤトモ高速道路沿い緑地帯において植樹活動を実施いたしますので、ご案内申し上げます。

近年、順調に経済成長を続けるインドネシアは沿岸部の開発が進み、マングローブなど防波林の木々の立ち枯れが各所で見られるようになりました。イオン環境財団は、首都ジャカルタ北部の高速道路近くの沼地にマングローブを植樹することにより、近隣にある住宅地や高速道路を洪水などの災害から守るとともに、緑あふれる沿岸部の再生をめざし、本年より3ヵ年計画の植樹をスタートいたします。

1回目となる本年7月10日(日)は、日本からのボランティア約1,000名と地元の皆さまとの共同作業による14,000本のマングローブ植樹を行います。

-------------------------以上引用------------------------

20110710jakarta02.JPG

岡田卓也理事長のご挨拶で式典が始まり、インドネシア・ジャカルタ州幹部、ジャカルタ大使などの来賓のご挨拶も。

そのあと、徒歩で植樹エリアに移動してのスタートです。

写真のような沼地を竹の枠で区切り、土を入れて植樹ができるようにしてあります。
中に入ると、胸までつかるということで、落ちないように気を付けて・・・。

この写真は植える前の状態です。
竹竿の刺さっているところにマングローブの苗を植えます。
私も10数本植えさせていただきました。
どれくらいの期間でどれくらい成長するのでしょうか。
何年か後に見にきたいです。

日本から981名が参加されたそうです。各地のイオングループの企業の関係者、取引先を募ってのツアーが企画され、日本全国から参加されています。

20110710jakarta01.JPG私の参加した団体は、マックスバリュ西日本の岩本社長を団長とするグループです。
印刷業、警備業、食品製造、酒類製造、卸業の方など、業種はさまざまですが、4泊5日の行程の中でいろんなお話をさせていただき、大変有意義なものとなりました。

明日、日本に帰国します。

このような機会をいただいたことに感謝。
スタッフ役のイオングループの皆さんに感謝。
留守を守っていただいているTEAM GOGYOFUKUメンバーに感謝。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 13:49 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日

ぷくぷくサイダーと須磨浦公園

20110429sumaura_koen02.JPG須磨浦公園駅です。
山陽電鉄の駅の上にロープウェイの駅もあります。

ここの売店では、伍魚福の珍味を販売いただいています。

海づり公園に行く前に立ち寄り、珍味を購入。
その後海づり公園へ。
#その模様は、前のブログに記載しています。

20110429sumaura_koen01.JPG昼食後、海づり公園へ行こうとしたところ、先日お話しを聞かせて頂いた「須磨を西海岸化し隊」の隊長、尾崎秀則さんのお店を発見。

まだ早い時間だったので開店準備中でしたので、釣りの後訪問しました。
20110429pukupuku_chiyoko.JPGお店では「ぷくぷくサイダー」と須磨海苔を使った「のりのりチヨコ」を購入。
尾崎さんにもご挨拶して帰途に。

今度は名物「侍バーガー」を食べに行きますのでよろしくお願いします。


投稿者 山中 勧 : 20:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日

全日空さんの生ビールのおつまみ提供中

20100804ana_beer.jpg7月20日から、全日空の一部の便に生ビールサーバーが搭載されています。

1杯おつまみ付で1000円。
各便限定20~40杯までとのことです。
結構いろんなマスコミで報道されているので、ご存知の方も多いようですが、「おつまみ付」のおつまみは、実は伍魚福のパスタスナック「パスタな時間」なのです。

フジテレビの番組では、生ビールとともに当社商品も放映されたそうです。

カルボナーラ風味、ペペロンチーノ風味の2種類が一袋に入っています。

この写真は、ある友人が送ってくれたものです。
自分ではなかなか大阪那覇便等に乗ることができません。

他にも何人かの方から感想をいただきました。
ブログに書いていただいた方もおられます。ありがとうございます。
たくさんの方に食べていただければうれしいです。

パスタな時間は伍魚福でも大人気商品の一つです。
デザイナーの佐藤可士和さんの奥さんの佐藤悦子さんのブログにも「やめられない&止まらない」と取り上げていただいたことがあります。

ご搭乗の際は是非生ビールを飲んでみてください。
よろしくお願い致します。


投稿者 山中 勧 : 22:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日

NHKニュースKOBE発で放送されました

20100608nhk_shuzai01.jpg本日、NHK「ニュースKOBE発」(兵庫県内)で伍魚福の提案する「家飲み」についての特集が約5分間取り上げられました。

会社内でも携帯電話のワンセグ放送で見せていただきました。
帰宅後、21時前の神戸ローカルニュースでも再度放映され、私も見ることができました。

20100608nhk_shuzai02.jpg実際に伍魚福の商品を家で食べていただいている模様から始まり、「淡路のじゃこ天」の工場、スーパーマーケットの売場、伍魚福の社内風景(役員試食会・研究所・私のインタビューなど)。

兵庫県ローカルですが、知人・友人から「見たよ」との電話やメールを何件もいただきました。
ありがたく感じるとともに、ニュースにふさわしい企業とならねばならないと責任を感じます。

6月2日と8日の2日間にわたって取材をいただいた記者・スタッフの方、また、取材にご協力いただいた工場、お店、消費者の方、全ての皆さんに深く感謝。

ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 22:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日

2010日本の酒メッセに出展

20100512washu_festa01.jpg本日午後から、東京・御茶ノ水にある「山の上ホテル」にて開催された「2010日本の酒メッセ」に参加しました。
以前「酒販店経営」という業界誌を刊行していた株式会社流通情報企画(現在は酒販ビジネス館というサイトにて情報提供されています)が主催された和酒の専門展です。

流通情報企画の代表取締役・小島稔さんとは15年以上前からのお付合いです。

今回は全国の蔵元・メーカー28社が参加されました。

基調講演は漫画家で日本酒への造詣の深い高瀬斉(たかせひとし)さんです。
「日本酒復活への展望」と題して約30分のお話でした。

日本酒のあり方、飲み方についてのお話。
この酒はこの飲み方でなければ」という決め付けではなく、もっと自由に楽しもう、燗をつける、温度を変えてみるなどいろんな楽しみ方をすべきである。

日本酒は「文明の酒」ではなく「文化の酒」大切に守り育てていかねばならない。

20100512washu_festa02.jpg講演後は試飲会。
伍魚福もチルド、ドライの各商品を出展しました。
今回は下田リーダーが段取りを行い、現場は山田リーダーの設営です。

来られているお客様は、酒販店、料飲店、コンサルタントの方などさまざまですが、皆さん大変熱心でした。
伍魚福のお取引先さまもたくさん来られていました。

20100512washu_festa03.jpg終了後、新橋駅近くの居酒屋へ異動し、懇親会。
高瀬先生とも日本酒の話を中心に情報交換をさせて頂きました。
共通の知人の話題も。世間は狭いですね。

20100512washu_festa04.jpg以前別の講演会でお会いした学生日本酒の会の皆さんもこられていました。

左が学生日本酒の会の松本会長です。
真ん中は伍魚福の山田リーダーです。

今回のご縁と、ブログ掲載の許可をいただいた皆さん、設営してくれた伍魚福メンバーに感謝。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 21:18 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日

『デザイン・ルネッサンス神戸』展(神戸空港ターミナルにて)

20100327design_renaissance_kobe03.jpg本日3月27日(土)より明日28日(日)まで神戸空港ターミナル2階出発ロビーにて『デザイン・ルネッサンス神戸』展が開催されています(開館時間6:00~23:00)。
神戸市と神戸商工会議所の主催で行われているもので、工業デザイナーの喜多俊之さんにデザインプロデュースを頂きました。

以前のエントリーにも書きましたが、伍魚福は、チルド珍味の上位10品のパッケージリニューアルをテーマとしてこのプロジェクトに参加させて頂きました。
いままでよりも「ちょっとうれしい」が感じられる商品になるようにしたい。
開けやすさ、食べ方、商品の情報・・・。

単品の商品デザインの改良に加え、売場全体のデザインの見直しも行っています。

20100327design_renaissance_kobe02.jpg今回はプロトタイプ(試作デザイン)を展示いただいています。

朝から会場訪問し、立ち会っていただいている神戸市のデザイン都市推進室の皆さんにご挨拶をさせて頂きました。

神戸空港のお土産店「マリンエア・マートⅡ」では同じ商品も販売いただいており、相乗効果も期待したいところです(笑)。

20100327design_renaissance_kobe01.jpg出発ロビーの真ん中です。

出発便が多い朝の時間帯は大混雑だったそうです。
春休みのせいか、空港の駐車場も満杯近い状態でした。

たくさんの皆さんにご覧いただければと思います。

お世話になっている神戸市、神戸商工会議所、財団法人神戸市産業振興財団の皆さん、、喜多俊之さん、喜多さんの事務所の皆さん他全ての皆さんに感謝。
ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 16:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日

神戸空港と思い出のプレート

本日朝は神戸空港でした。

家内が東京へ出掛ける(行きは飛行機、帰りは新幹線)ため、下の息子(瞭・6歳)とともに見送りに出かけました。

あいにくの雨。
3階の室内からの風景です。

息子と二人で見ていると、いつもお世話になっている空港の売店「MART Ⅱ」の責任者の方から声をかけていただきました。
息子を紹介しますと、「ブログで知ってますよ」とのこと。ありがとうございます!

家内が搭乗した後は、屋上に上がって見送りです。
バケツをひっくり返したような雨で傘をさしていても足元はビチャビチャ。

その後、少し買い物。
今は特別キャンペーンとして、駐車場が1,000円以上の買い物で1時間、2,000円以上の買い物で2時間無料になります。
通常時期でも飛行機に乗ると1日無料、翌日から一日1,000円と大変便利です。

空港内には、思い出のプレートがあります。

今から6年前の2003年。私が神戸青年会議所に入会した際の社会貢献事業として「神戸空港土埋めイベント」というものを開催しました。
イベント参加者が持ち寄った土や石、そしてイベント会場で石にペインティングをしたものを神戸空港の埋め立て現場に埋めるというイベントです。
一人ひとりが空港の埋め立てに参加したという思い出を持ってもらい、空港に親しみを感じてもらおうという目的がありました。

実は私が発案者で、スタッフとして企画・運営を行ったものなのです。
この写真は参加者全員の名前を記したプレートです。生まれたばかりの瞭の名前も書いてあります。
到着待合室左奥の壁面に設置されています。

空港の北側の公園にはもうひとつ記念碑があります。
こちらは神戸空港が開港した2006年に神戸青年会議所が設置した記念碑です。

1968年、神戸青年会議所は「神戸国際空港」の設置を提言しました。
当時の先輩方には神戸の発展のために空の玄関が必要であるとの強い思いがあったのでしょう。

以後も神戸青年会議所は、市議会の空港設置反対決議の白紙撤回を求める運動を行う等、積極的にかかわってきました。
神戸空港は神戸青年会議所ととても縁(ゆかり)の深い空港なのです。

私の下絵に当時3歳の瞭が色を塗った親子合作のタイルもここに貼られています。
私はこの記念碑を設置した2006年に神戸青年会議所を卒業しました(40歳で定年です)。

普段は出張の行き帰りで慌ただしく通り過ぎる空港ですが、久しぶりに懐かしい場所を訪れることができました(大雨でしたが・・・笑)。

新幹線も、飛行機も在来線の鉄道も非常にアクセスが良いのが神戸の良いところです。
5月のインフルエンザ騒動で神戸へのお客さまは激減してしまいました。
少し回復してきたそうですが、まだまだ元には戻っていないようです。

全国からたくさんのお客さまに来ていただきたいと思っています。
皆さんよろしくお願いします!


投稿者 山中 勧 : 13:15 | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 1日

東京・表参道ヒルズ「BISTY'S」さん

東京都渋谷区神宮前・表参道ヒルズ内の「WINE SHOP & BRASSERIE BAR『BISTY'S』」さんです。

本日は朝一番の飛行機で東京出張でした。
総合食品問屋さんの展示会への出展です。
今回は菓子部門で「パスタな時間」、「ピリ辛さきいか天」、「酒の肴津々浦々シリーズ」、「北海道広尾の焼ししゃも」などをご案内させていただいています。
隣のお酒のコーナーではお酒との相性のよいおつまみの提案も。
たくさんの旧知の方とお会いすることができました。また、新しいお客様も多数。展示会は貴重な場ですね。

私は別件の商談のため途中で会場を失礼しました。

商談後、いくつか見に行きたい店舗があったので表参道へ。
表参道には、ニューヨーク近代美術館のショップ「MoMA Design Store」もあります。先日のニューヨーク出張の際に近代美術館を訪れ、ここに並べていただけるような商品をつくりたい!と決意したお店の東京店です。さすがにデザインの素晴らしい食器や雑貨、家具などが並んでいます。
その後、「表参道ヒルズ」へ。
伍魚福のお得意先の「BISTY'S」さんに伺いました。オープンした3年前におしゃれなお店だなぁと思っていたのですが、今年からお取引を頂いているとのことで気になっていたのです。
一歩お店に入ってびっくり!
正面にたくさんの商品を並べていただいています。
店長、ご担当の方に挨拶。商品についての感想なども伺いました。
こちらのお店ではワインや食品を買って帰ることもできますし、その場で食事をとることもできます。
グラスでいろんなワインが楽しめるそうです。

パスタをフライした大人のスナック「パスタな時間」シリーズやチルドのイベリコ豚シリーズ、チーズパンチェッタなどチーズ系商品などはテイクアウトできます。
Bisty'sさんのブログにも書いていただいています(感謝)。

ビンに入ったお好みあられやえび鉄、備長炭ピーナツなどはメニューとして提供いただいています。また、イベリコ豚のセミドライソーセージなどもメニューに入っています。まさに「エンターテイニング(人を楽しませる、おもてなし)」な使い方をしていただいています。

BISTY'Sさんのワインと伍魚福のおつまみのセット(赤・白2種類)もオリジナルで作っていただき、お中元ギフトとして提案していただいてます。ありがとうございます!!

店長でソムリエの福田さんは神戸のご出身で伍魚福の「ピリ辛さきいか天」を前から食べていただいていたそうです(感謝)。本年3月の展示会(FOODEX)で当社のブースにお立ち寄り頂き、当社のカタログ通販をご利用いただくこととなりました。
今回は写真を撮らせていただいた上、ブログへの掲載も快諾いただきました。ありがとうございます!

表参道ヒルズにふさわしい商品をどんどん開発していきたいものです。
BISTY'Sさんは、表参道ヒルズ本館のB3階、大きな階段を下りたすぐ右側にあります。
皆さんも是非お立ち寄り下さい。

「WINE SHOP & BRASSERIE BAR『BISTY'S』」
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-12-10
表参道ヒルズ本館B3F
電話03-5771-4466
http://www.bistys.jp/

本日出会った全ての皆さんに感謝。ありがとうございました。


投稿者 山中 勧 : 22:33 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月20日

JR新神戸駅「くぎ煮フェア」開催中!

本日3月20日から24日までの5日間、神戸の表玄関、JR新神戸駅にて2年ぶりに「くぎ煮フェア」が開催されています。

期間中は、朝11時から夕方6時半まで、いかなごのくぎ煮をお客様に試食いただきます。

神戸の春の風物詩であるいかなごの「くぎ煮」。
これを全国から神戸に来られるお客様に、また神戸から全国に発たれるお客様に味わっていただきたいとの思いからスタートしたものです。

伍魚福はこのイベントにJR西日本デイリーサービスネットさんとともにスタート当時から協力をさせていただいています。
今回のフェアには、4月から伍魚福に入社する内定者の皆さんにもアルバイトとしてお手伝いを頂いています。

今年のいかなご漁は、明石海峡での事故の影響で厳しいものがあります。

伍魚福は、お土産物としての「くぎ煮」をゼロから育ててきたメーカーとして今後も皆さんに食べていただけるように努力を続けて行きたいと思っています。


投稿者 山中 勧 : 19:54 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日

JR新神戸駅リニューアルオープン!!


本日、JR西日本の新神戸駅がリニューアルオープンしました。

JR西日本デイリーサービスネットさんの新店舗「新神戸 アントレ マルシェ」は朝6時40分から開店されましたので、本日朝伺いました。

今まであちこちに分散していたKIOSKさんのお店がひとつに統合され、トータル面積は約1.5倍の約200坪(660㎡)になりました。神戸スイーツの新ブランドも多数導入されており、年間約26億円の売上を見込んでおられるそうです。

伍魚福の商品もお土産物コーナーでいかなごの「くぎ煮」、「明石だこのやわらか旨炊き」、「神戸牛のすき焼き風旨煮」、「神戸チャーシュー」など、コンビニコーナーでは「ピリ辛さきいか天」、「ドライ珍味津々浦々シリーズ」、「チルド珍味シリーズ」などを販売していただいてます。

神戸の表玄関として毎日約7200人が乗車されます。当社ももっとお客様に喜んでいただけるような商品を作り続けて行きたいと考えております。


投稿者 山中 勧 : 23:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日

POS開示と共同MD研究会

最近、量販店業界ではPOSデータを取引メーカーやベンダーに開示して、そのデータに基づいて売り場作りの提案(仮説)→実施→検証を行うという共同MDの取り組みが広がりつつあります。

コープさっぽろさんの「宝箱サービス」に基づく取り組みが有名ですが、当社もコープこうべさんをはじめ何社かのこのような勉強会に参加させていただいております。

本日は、東日本エリアのあるお得意先のMD研究会が開催されました。

今回は、担当の係長藤戸肇が発表させていただくこととなり、課長の藤原英樹とともに3名で参加させていただきました。

本日発表の会社は4社、伍魚福は3番目の発表でした。2007年3月~8月の間に取り組んだチルド珍味、ドライ珍味の販促提案の取り組みについて当研究会の主催企業の皆さん、会員各社の約150名の前でスライドを使いながら報告をさせていただきました。

藤戸係長も事前に担当のバイヤーさまとの打合せやネット経由でのデータ確認、店舗巡回時の各店の方との打合せ、写真撮影など、いろんな準備をすることで、大変勉強になったようです。
本日は約40分間の報告でしたが、聞いていただいている皆さんも大変熱心でありがたく思いました。

研究会の雰囲気は企業によってさまざまです。こちらの企業では現場のパートの方も参加できるという大変開かれた研究会となっています。

まだまだ伍魚福としては分析の不十分なところも多々ありますが、年末の最需要期に向けて目標を掲げ、ご提案をさせていただきました。

お得意先さまにもっとお役に立てるように努力を続けたいと考えております。


投稿者 山中 勧 : 23:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日

馬場貞男さんを偲ぶ会(卸通販事業立上げの想い出)

本日は日帰り東京出張でした。
酒類食品流通研究所所長、(有)モンマートストアシステムズ社長をされていた馬場貞男さんが亡くなって早くも1年が経ちました。本日はグランドプリンスホテル新高輪にて「馬場貞男さんを偲ぶ会」が開催され、たくさんのゆかりのある方々が全国から集まってこられていました。

馬場社長(私の中では馬場さんはモンマートの社長ですのでこう呼ばせていただきます)と私の出会いは、2000年の11月。
日本酒類販売さんの埼玉支社の展示会(2000年10月12日)に当社が出展したのをモンマートの社員の方がご覧になったのがきっかけで、11月7日に東京都品川区八潮の直営店(モンマートやしお)にお邪魔しました。当社のチルド商品をご覧になり、「こういう商品を探してたんだよ!」とおっしゃっていただきました。

この年の2月にはスーパーマーケットトレードショーに出展、5月に新規事業として「酒の肴仕入れカタログ」を発刊し、新しいチャネルの開発に向けてもがいていたころでした。馬場社長のお言葉に大変勇気付けられたのを思い出します。

その後、モンマートさんの直営店をはじめ、加盟店にお勧め頂き、現在に至るまで大変お世話になっています。

馬場社長は小規模小売業、特に酒販店の生き残りの為の業態開発に最期まで注力されておられました。本日の偲ぶ会でも大勢の方が馬場社長のために集まり、懐かしい話に花を咲かせていました。

弊社の卸通販事業「酒の肴仕入れカタログ」も酒販店さんのお役に立つために事業化したものです。このカタログができる前は、チルド珍味を販売したいとの引き合いがあっても、来店客の少ないお店ではロスがでますのでお勧めしていませんでした。
きちんとした売場を作るには在庫が最低5万円から6万円程度必要となります。売上がもし3万円だったら半分がロスとなり、お店の損になります。ですので、お断りする毎日が続きました。でもそんな中で「ロス出てもかまわない。日付がきたら自分の家で食べるから・・・」というお客様がおられたのです。
さすがにそういわれるともうお断りする理由がありません。
ところが、お店に置くと売れたのです。小規模なお店でもリピーターのお客様がつき、継続して注文いただけることが分かりました。

従来からお得意先からFAXを頂いて商品を宅配便で直送するという体制をとっていたのですが、2000年1月のある晩、布団の中で突然ひらめきました。これって通販と同じだ。お酒屋さんに仕入れていただくカタログ通販にしてはどうだろうか。

そこで飛び起き、構想をパソコンに打ち込んで役員会に提案したのがこの事業のはじまりです。
チルド珍味、ドライ珍味のすべてをバラの1つから宅配便でお届けする。今までドライの珍味はケース単位でしか出荷していませんでしたので、効率の面などで社内でも現場から猛反対を受けました。
でもあくまでも酒販店さんのため、絶対お役に立つはずだという強い意志でなんとか説得し、事業化できたのです。
2000年の5月に記念すべき第1号のカタログを発行できました。スタートの5月1ヶ月の売上は55万円。今では1日分の売上にも満たない金額でのスタートでした。

口座開設の申込書に「伍魚福さんの通販で大変助かります」というコメントを頂くことがあります。大変うれしく思っています。酒販店さんの業態が非常に厳しい環境にある中で当事業は伸ばさせていただいています。何とかもっとお役に立つ方法はないか。さらにご意見をいただきながら研究、改善をしていきたいと思っています。

モンマートの馬場社長も「コンビニエントリカーショップ」というコンセプトで直営店で実践するとともに、多数の酒販店を指導されてきました。酒販店が元気に生き残る為のお手伝いをするという意味では、伍魚福の卸通販事業も馬場社長の志の一部を継ぐことができればと考えています。

2001年に発刊した第2号のカタログには、モンマートストアシステムズさんの直営店「モンマートやしお」店に登場いただきました。事例紹介の文案ができたときに馬場社長にFAXさせていただきましたところ大変丁寧に修正いただきました。
↓「モンマートやしお」の事例はこちらに掲載しています。
http://gogyofuku.com/b/voice/post.html

2002年に発刊の第3号にもモンマートストアシステムズさんの直営店「クイーンズワイン」に登場いただきました。両店とも私自身がカメラをもって取材に行ったのを懐かしく思い出します。
↓「クイーンズワイン」の事例はこちらに掲載しています。
http://gogyofuku.com/b/voice/post_35.html

馬場社長にはモンマート加盟店の新年研修会に呼んでいただき商品の紹介をさせていただく等、その後も大変お世話になりました。モンマートの関西勉強会を伍魚福で開催(2005年5月11日)いただいたこともあります。加盟店さんたちとワインの勉強をし、いかなごのくぎ煮とワインのマッチングに気がついたことも懐かしい想い出です。

改めて馬場社長との出会いに感謝。


投稿者 山中 勧 : 19:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日

神戸空港開港1周年


本日は東京日帰り出張です。午前中は新宿で商談、午後は品川でセミナー(ソフトブレーンサービス社のプロセスマネジメント大学)でした。天気は快晴。飛行機の窓から神戸空港が良く見えました(写真上、手前はポートアイランド)。
神戸空港が開港して丸一年。伍魚福も神戸空港の「MART-Ⅱ」、ゲート内では「ANAFESTA」というお店にお世話になり、いかなごの「くぎ煮」や「明石だこのやわらか旨炊き」などを販売させていただいております。

1周年を記念してANAではピカチューが見送ってくれました。思わず携帯で写真をとり、3歳の息子にメールをしました。家内が代筆で返事をくれましたが「かわいい!いいなぁ」と言っていたそうです(親ばかですね)。記念品にはケーニヒスクローネのお菓子をいただきました。

神戸空港は三ノ宮からポートライナー(新交通システム)で20分弱、新幹線の新神戸駅からは車で約15分、私の自宅からでも車で約30分。大変便利に利用させていただいてます(飛行機の搭乗客は駐車場1日無料)。

開港前の予測では年間319万人の利用を見込んでいましたが、実績は270万人程度となるそうです。神戸市長は「優良可でいえば可」とおっしゃっていたとか。
神戸にとっては観光やコンベンションの開催は大変重要な産業のひとつであります。昨年は我々が加盟している「兵庫県珍味商工協同組合」の所属する「全国珍味商工業協同組合連合会」の全国大会も神戸で開催されました。大好きな神戸がもっと良くなるよう私も神戸の宣伝に努めたいと思っています。

皆さん神戸に遊びに来てくださいね!
食べるものもおいしいし、山もあり、海もあり、温泉もあります。
お帰りの際は新神戸駅、または神戸空港で伍魚福のお土産も・・・。


投稿者 山中 勧 : 23:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日

関西食品業界賀詞交換会

本日は帝国ホテル大阪で開催された、株式会社日本食糧新聞社主催の関西食品業界賀詞交換会に参加しました。

伍魚福からは私と関西地区担当の繁盛係リーダーである課長の加茂田勝、高橋英二、係長の関行雄の計4名での参加です。
本年で7回目の開催ですが、スーパー関係の方が百十数名、問屋、メーカーの方が八百数十名と帝国ホテルの大宴会場も狭い位の大盛況でした。
当社がスーパー業界へチルド珍味のご提案を始めたのが2000年。当社はこの業界では7年目の新参者です。しかし、7年の間に関西でもたくさんの企業と取り組みをさせていただくことができるようになりました。今回の賀詞交換会に参加された生協・スーパー18社のうち、現在約半数の企業とお取引をさせていただいています。

今日は、お世話になっているイオンさん、イズミヤさん、コープこうべさん、マイカルさん、マックスバリュ西日本さん、ライフコーポレーションさん(五十音順)などたくさんの方と新年のご挨拶をさせていただきました。また、お取引のない企業の方でも当社のことを知っていただいている方が多く大変ありがたく感じました。

今年は、今まで培ったチルド珍味19年の経験を活かし、ハード(商品そのもの)・ソフト(売り方、提案のしかたなど)共にさらに磨きをかけます。
チルド珍味の先駆者として、もっともっとお客様のお役に立てるよう努力を続けてまいります。


投稿者 山中 勧 : 22:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日

お得意先・商品の変遷

私が入社した11年前は売上の95%が酒販店、残りがキヨスクなどの土産物店でした。商品もドライの珍味が70%以上でした。その後、酒類免許の緩和、CVS業態の台頭などでがらりと変わってきました。
当社も2000年3月「2000スーパーマーケットトレードショー」へ出展したのを皮切りに、SM業界への御提案を進めてきました。今では売上の半分がスーパーマーケットとなりました。
商品としては、チルド珍味が70%を占めるようになり(この6年でチルド商品の売上は倍増)、当社自身も大きく変わってきました。

一方で酒販店に対しては、同じく2000年にB2Bの通信販売事業を立上げ、全国のお酒屋さんからカタログを使って仕入れていただくというモデルを構築しました。酒販店の営業も厳しい中、カタログ事業については順調に伸長しています。町の酒屋さんに珍味を売り続ける最後の珍味屋を目指して頑張っています。

地元のお土産物屋さんにおいては、JR新神戸駅、新大阪駅、伊丹空港、関西空港、神戸空港などでいかなごのくぎ煮、「明石だこのやわらか旨炊き」(新神戸駅の食品ではNo.1)、神戸ワインの雫(神戸ワインを使った生八ツ橋)などを販売させていただいてます。

訪問したお店などで感じたことなども(差し支えない範囲で)このブログに書いてみようと思っています。


投稿者 山中 勧 : 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のエントリー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE



▲ページトップへ