雑感

2019年1月27日

神戸新開地「喜楽館」

20190127kirakukan01.JPG本日は、神戸・新開地の演芸場「喜楽館(きらくかん)」に行ってきました。

神戸高速「新開地駅」の階段も「喜楽館」仕様になっています。

演芸場、ということで木造の建物を想像していましたが、路地の先にある現代的な建物でした。
20190127kirakukan02.jpg
喜楽館は、2018年7月11日開館。

地元、新開地まちづくりNPOの皆さんの努力と、上方落語協会、兵庫県、神戸市の協力でできたものです。
上方落語協会の中でも賛否があり、投票が行われたのを報道で覚えています。

20180127kirakukan03.jpg
入館したら、そこには桂文福さんが。

ミーハーですが、思わず記念撮影(笑)。

本日の出演者は、次の8名でした(敬称略)。
桂寅之輔
林家市楼
ミスタースキン(マジック)
桂きん太郎
桂文福
笑福亭伯枝
桂三弥
桂米二
20190127kirakukan06.JPG
古典落語、新作落語あり、楽しくてあっというまの2時間半でした。
久しぶりに大きな声で笑ったような気がします。

終演後にも、皆さんにお見送りいただきました。

生で落語を聴くのは何年か前に須磨水族園のイベントで開催された、桂吉弥さん以来。
演芸場に来たのは、大学生時代に父(会長)に鈴本演芸場に連れて行ってもらって以来ですので、およそ30年ぶりです。

落語も日本の文化。支えるためにももっと足を運ばねばなりません。

なんて、もっともらしいことはともかく、楽しいのが一番です。
また時間を見つけて訪れたいです。


投稿者 山中 勧 : 17:49

雑感一覧に戻る


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のエントリー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE



▲ページトップへ