いかなごの「くぎ煮」資料室

2018年3月 3日

自宅でくぎ煮炊き2018【レシピ付き】

20180303kugini08.JPG今年のいかなご漁の解禁は、昨年よりも早い2月26日(月)でした。
初日のいかなごの漁獲はまずまずだったようで、小売店では1キロ1,700円から1,800円程度と、この数年では最も安かったです。
ただ、翌日からは相場が上がり、3,000円弱の日が続いています。

伍魚福の協力工場でももちろん解禁日からくぎ煮を炊いています。
兵庫県産の生のいかなごにこだわり、このシーズンに1年分の「くぎ煮」を炊き上げます。
20180303kugini01.JPG
3月3日からはお土産店で伍魚福の「くぎ煮」を販売しています。
3月5日からは、通信販売の出荷も始まります。

さて、自宅近くのショッピングセンターの鮮魚店で、今日は1キロ2,850円。
なんとか1kg入手し、2年ぶりに私も自宅でくぎ煮を炊くことにしました。
20180303kugini02.JPG
昨年は、過去最悪の不漁となり、小売店での販売価格がキロ4,000円と過去最高。
供給量も極端に少なく、街でもほとんど「くぎ煮」を炊く香りがしませんでした。
漁も資源保護の観点から早々に終了してしまいました。

そのため、昨年は自宅での「くぎ煮炊き」をすることができませんでした。
20180303kugini03.JPG
ということで2年ぶりです。

【我が家のくぎ煮レシピ】
(伍魚福のくぎ煮のレシピとは異なります)
いかなご:1kg
醤油:180cc
みりん:20cc
砂糖(黄ザラ):300g
生姜:50g
20180303kugini04.JPG
たまたまあった生姜1個が50グラムでしたので、今回はこの量ですが、もっとたくさんの生姜を使う年もあります。

調味料を鍋に入れ、煮立てます。
調味液が沸騰してきたら、水洗いした「いかなご」を鍋に。
すべて投入し終わったら、アルミホイルで落としぶた。
強火で約15分。今年は水切りが良かったせいか、いつもより早く水分が蒸発したようです。
20180303kugini05.JPG
落としぶたを取り、弱火にして、鍋を何度か返します。
引き続き弱火で水分を飛ばしていきます。

いつも通りの硬めの「くぎ煮」完成。
20180303kugini06.JPG
ザルにあけて、冷まします。

時間を計っていましたが、いつもよりも早くトータル20分ちょっとで炊き上がりました!
例年よりも生産性が高まりました(笑)。
20180303kugini07.JPG
少し味見しましたが、とても美味しいです(親ばか?)。

今夜はこのくぎ煮で乾杯です。
20180303kugini09.JPG
今年のいかなご漁、昨年よりも少し良いとは言われていますが、この状態が続くことを祈ります。

神戸の「春の年賀状」とも言われる「くぎ煮」。
たくさんの方に味わっていただきたいです。


投稿者 山中 勧 : 15:36

いかなごの「くぎ煮」資料室一覧に戻る


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のエントリー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE



▲ページトップへ