雑感

2017年9月23日

天ヶ瀬ダム(京都府宇治市)

20170923amagase04.JPG秋のお彼岸、ということで本日はお墓参りに出かけました。
京都府綴喜郡宇治田原町に祖父母、伯父(伍魚福の初代社長)をはじめとする先祖のお墓があります。

朝早く神戸を出て、高速道路経由で宇治田原へ。
途中「宇治川ライン」と呼ばれる川沿いの道を通ります。
20170923amagase00.jpg
いつも通り、お参りを済ませた帰途、ふと思い立って「天ヶ瀬ダム」に寄ってみました。

大規模な「ダム」を見学するのは初めての経験です。
管理事務所で住所氏名を記載して、「ダムカード」他の資料も頂きました。

ダムの通路にはあちらこちらに説明の表示があります。
20170923amagase03.JPG
地理的な位置関係がいまひとつ頭に入っていませんでしたが、今回初めて地図で確認。

琵琶湖から瀬田川経由で宇治川となり、木津川や桂川等と合流し、淀川になります。

昭和28年、台風13号による大水害で死者行方不明145人、1万1千戸あまりが全半壊する等大変大きな被害が出たそうです。

これをきっかけに建設されたのがこの天ヶ瀬ダムです。
20170923amagase05.JPG
1964年(昭和39年)竣工。

ダムの高さは73.0m、アーチ式コンクリートダムという形式です。

この型は設計が難しいものの、コンクリートの使用量が少なくて済む、経済性に優れた型ということで、有名な黒部ダム(黒部川)等日本有数のダムに応用されているそうです。

ダムの中央付近にも管理人詰所があります。
管理人の方から放水の様子や、紅葉の写真などを手に、詳しく説明していただきました。

普段は水力発電のため、脇のトンネルから放流が行われており、水門からの放水は年に40日程度だそうです。
20170923amagase02.JPG
最近、大雨の被害が日本各地で発生しています。

そんな中、この50年の間、淀川下流域で大きな水害が起こっていないのは、天ヶ瀬ダムをはじめとする治水事業の成果なのでしょう。

大自然の大きな力にも、人間の力で対抗できる部分がある。
そう思うと先人の知恵と勇気に頭が下がります。

ダム巡りが流行っているのか、訪問している30分程度の間に約10名とすれ違いました。

奥には遊歩道もあり、上からも景色が楽しめるそうです。
20170923amagase06.JPG
神戸市の水道も、淀川経由で琵琶湖の水を利用しています。

また今度ゆっくり訪問してみたいです。


投稿者 山中 勧 : 20:56

雑感一覧に戻る


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のエントリー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE



▲ページトップへ