会社沿革

沿革


当社は先々代山中正親が明治年間より食品の加工製造を主生業としていたのを前身とします。長年に亘り珍味業界の発展のため努力を続けてまいりましたが、近年の食生活の向上に伴い、珍味が広く世の中に受け入れられる時期を迎えたことから、昭和30年4月1日有限会社五魚福として再発足しました。

当初、いか製品、魚介類の製造加工品の販売を中心としてきましたが、あくまでも「酒の肴」としての味にこだわったおつまみの商品開発・品揃えにより酒類販売小売業への販路開発に成功、また全国の有力酒類問屋と特約契約を結ぶことにより徐々に規模も拡大し、昭和45年1月8日株式会社伍魚福に改組いたしました。

この間、当社の登録商標であるいかなごの「くぎ煮」・「有馬煮」、牛肉の佃煮などが、神戸の特産品として脚光を浴び、国鉄(現JR)の新神戸駅、大阪国際空港(伊丹)、など各有名店で販売されるようになりました。

また、当社の全国に広がる協力工場ネットワークを生かして開発したチルド珍味シリーズは、よりおいしいもの、酒に合う肴を求める消費者のニーズに合致し、現在では全国で約4,000以上のスーパーマーケット・有力酒販店で伍魚福の「酒の肴・パーティフーズ」コーナーとして定着しています。

さらに平成12年5月より、「酒の肴仕入カタログ」を発刊し、業界初の卸通販(B to B)事業を立ち上げました。350種類を越える酒の肴がカタログ一冊で仕入れられるという利便性から、全国の酒販店・食料品店に大変好評を博しています。

当社は、世界の素材を日本へ、日本の食文化を世界へ広げるグローバル企業として常に新しい商品開発に挑戦しています。また、近年重要視されている食の安全にも真摯に取り組んでまいります。「TEAM GOGYOFUKU」をスローガンに全社一丸となって経営の品質向上に取り組み、お客様に喜んでいただける企業づくりをめざしています。


明治・大正年間

先々代 山中正親が食品製造販売業を営む

昭和30年4月

有限会社 五魚福 設立(社長 山中直次郎)

昭和35年

「うに松葉」の開発に成功

昭和38年

酒販店ルートに販路拡大

昭和40年

百貨店との取引開始

昭和41年

山中 勉社長就任

昭和42年

垂水駅ショッピングセンターに出店

昭和45年1月

株式会社伍魚福に改組

昭和46年

鉄道弘済会(キヨスク)との取引開始

昭和46年

いかなごの「くぎ煮」(登録商標)を商品化

昭和47年2月

現本社ビル竣工

昭和55年

全国酒食品問屋へ販路拡大

昭和63年2月

商品科学研究所創設(現第2研究所)

平成元年2月

物流センター竣工

平成元年

チルド珍味「酒の肴全国津々浦々」を開発

平成元年

「ふるさと小包」(ポスタルサービス)取引開始

平成3年

全国の大型酒販専門店へ販路拡大

平成7年12月

物流センター増築

平成9年2月

本社ビル増築

平成9年4月

第1研究所竣工

平成11年11月

新コンピューターシステム稼働

平成12年5月

通販カタログ「酒の肴仕入れカタログVol.1」発行

平成14年4月

酒販システムについて全国有名問屋と提携
酒の肴仕入れWEB開設

平成15年3月

第1回「いかなごのくぎ煮コンテスト」開催

平成15年4月

お取り寄せシステムスタート

平成15年9月

東京チルドセンター稼働

平成18年3月

山中 勉会長、山中 勧社長就任
珍味情報誌「GOGYOFUKU MUSEUM Vol.1」発行

平成19年8月

商品情報データベース「eBASE」を導入

平成20年4月

業務用商品の取扱い開始

平成22年8月

本社ビル大規模修繕

平成22年9月

伍魚福コトPOP研究所設立

平成22年9月

コトPOP情報誌「コトPOP研究所レポートvol.1」発行

平成23年3月

新ロゴ制定、CI導入

平成24年3月

第1回「いかなごのくぎ煮文学賞」実施

             7月

第1回「伍魚福家飲み川柳」実施

平成25年3月

大阪・梅田の阪神百貨店地下1階に直営店
「KOBE伍魚福 阪神梅田店」を出店




業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 株式会社伍魚福代表取締役社長 山中勧ブログ
  • 株式会社伍魚福 スタッフブログ

産学連携コラボ企画

  • 伍魚福コミック

▲このページのトップへ